野鳥撮影

2014年4月21日 (月)

コマドリ

近場のコマドリです。
山の夏鳥はこれからいくらでも撮れるので、後まわしにして河川敷ばかり見ていました。ただコマドリは高山に行かないと見れないので、渡りの時期に見ておいた方が良さそう。でもわざわざお城や箕面まで遠征する気にもなれません。鳥友さんの情報で近場の渓流にも来ているそうなので見に行ってきました。
このあたりは野鳥のMFではなく自転車のMFといえる場所で、野鳥の囀りを聴きながらロードバイクでヒルクライムの練習をしている所です。自転車では入れない渓流の奥深くまで行くと、コマドリの囀りを聴くことができました。この日は雨が降り出しそうな暗い日で写真はガサガサですが、楽しい撮影になりました。
しかし、一人でコマドリの水浴びのムービーを撮っているときに女性に見つかってしまいました。隣でおしゃべりを続けるので、気が散って後半からピントがあってません。

1404211140421214042131404214140421514042161404217

|

2014年4月19日 (土)

オオヨシキリ他

河川敷のオオヨシキリなどです。
今年のオオヨシキリの初認は4月13日で昨年より4日早めでした。到着したばかりの頃は声ばかりで姿を見せてくれませんでしたが、このところ個体数も増えて縄張りを主張するようになってからは上に出てくることが多くなりました。
アリスイはまだいましたが、相変わらずいい所にとまってくれません。今季は個体数の多かったノビタキも今日はメスを1羽見ただけです。最後は田んぼのケリの親子です。

1404191_21409192140419314041941404195140419614041971404198_2

|

2014年4月16日 (水)

河川敷のノゴマ

河川敷のノゴマです。
渡り途中のノゴマは都市公園ではよく見られています。生息環境を考えれば河川敷にも多数入っているはずです。しかし秋の渡りでは河川敷での観察はあるのですが、春は今回が初めてでした。ノゴマの渡りは少し遅めなのですが、ここでは先週から見られています。今回は違う場所の個体で、囀っていたのですぐにノゴマと解りました。しかしこちらに気付いてすぐに枯れ草の中に。都市公園なら待てば出てくるでしょうが、ここではまず無理でしょうね。
最後は今日のセッカと昨年秋のノゴマの囀りです。

140416114041621404163

|

2014年4月 8日 (火)

ノビタキ

河川敷のノビタキです。
寒気が去り、春らしくなって一気にノビタキが入ってきました。ここには先週すでに第一弾が来たらしいのですが、個人的には昨日が今季の初認です。遅かった昨年より3日早いのですがやっとという感じです。今日は朝から見に行くと雄3羽と雌2羽が出迎えてくれました。春のノビタキはあっという間に去ってしまいます。夕方まで粘りましたが暖かくなるとメラメラで思うようにはいきませんね。

1404081_21404082_3140403_31404084_21404085_51404086_21404087_2140408914040892

|

その他のカテゴリー

動物 | 昆虫 | | 趣味 | 野鳥 | 野鳥撮影