野鳥

2018年10月17日 (水)

河川敷のノビタキとノゴマ

河川敷のノビタキとノゴマです。
ノビタキは昨年、1箇所に20羽ほどいたこともあったので今年は少なく感じます。それでも他の鳥とは違って、撮りやすい場所に出てくれるのでありがたい。

181017118101721810173181017421810174

水浴びに来た2羽のノゴマ。こちらはいつ出てくるかわかりません。

181017718101791810188

|

2018年10月14日 (日)

河川敷のノゴマ

河川敷のノゴマです。
何度も同じソングポストで喉を膨らませて囀っていました。

181015111810152

1810153_31810155_21810151_2


|

2018年10月13日 (土)

寂しい山の鳥

北摂の山のオオムシクイなどです。
今朝道路脇の温度計は9度。山の上はさらに寒かったはずです。先週は半袖だったのに今朝はダウンを着ての探鳥でした。北風が強く鳥の気配がありません。昨年野鳥で賑わった場所が全て振るいません。台風の影響か留鳥は少なく、夏鳥は早々に下界に。旅鳥は通り過ぎて、冬鳥はまだなので鳥の姿が本当にありません。

1週間前のオオムシクイ、オオルリ幼鳥、エゾビタキ、コサメビタキ。昨年までのサメビタキポイントは全て駄目でした。

18101311810132181013318101341810135

ムギマキを期待してカラスザンショウを見てきましたが、来るのはメジロだけ。

181013611810136218101363

| | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

河川敷のコヨシキリ

河川敷のコヨシキリです。

今年も姿を見せたコヨシキリ。この場所では3年連続です。繁殖地では出ずっぱりで囀っていますが、今はなかなか出てきません。

1810101_2181010218101031810104

予想に反して長留しているオオヨシゴイ。(10日が終認になりました)

1810106

|

2018年10月 8日 (月)

河川敷のオオヨシゴイ

河川敷のオオヨシゴイです。
毎年この時期になると河川敷ではヨシゴイが見られるのですが、今年は初めてオオヨシゴイが登場。オオヨシゴイは大阪では珍らしく数例しか記録がありません。

しかしあっという間に水路が干上がってしまうので、本日が最終になりそうです。同定はオオヨシゴイは黄目がC、ヨシゴイはOだそうです。

18100811810082181008418100831810085

| | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

塒立ちのサシバ

裏山のサシバです。
鷹の渡りは10月に入るとサシバ・ハチクマが終わり、ノスリ・ツミ・ハイタカに主役が変わります。この時期では貴重に思えるサシバが4羽、塒立ちでゆっくり舞い上がって来ました。

上昇気流が弱いのか、何度も旋回して高度を稼ぎます。高度差があるのでしょうが交差するたびにぶつかりそうに見えます。

18100411810042118100431

181004818100451181004521810046118100471

|

2018年10月 2日 (火)

河川敷のノビタキ

河川敷のノビタキなどです。
久しぶりに河川敷に。ノビタキはすでに多数入っているだろうと思っていましたが、見つけられたのは2羽のみ。あと1か月は滞在するので、しばらくは楽しめそうです。

1801002118100221810023

オケラと長時間格闘していましたが、最後は大きすぎて諦めていました。

1810024_2

川の増水で行き場がなくなったイカルチドリが多数上がってきていました。

1810025_2

渡りの途中の立ち寄りと思われるノスリが旋回していました。

1810026

|

2018年9月29日 (土)

晴れた朝のハチクマ

地元の山のハチクマなどです。
今季は雨が多い。鷹の渡りが始まってから、秋らしい澄んだ青空は数日しかありません。鷹は何度も足止めを食いながらの渡りになっています。白樺峠からは通常1日で飛んで来るものが4日かかったりしています。

今季は曇天のシルエット写真ばかりでしたが、昨日は朝から晴れて青空に。
ハチクマの雄と雌成鳥。

18092911809292180929111809294

鷹柱とサシバ、ノスリ。

18092961180929518092952

渡りではないハヤブサとミサゴ

18092961809297

|

2018年9月27日 (木)

アカメガシワのヒタキ

北摂の山のコサメビタキなどです。
道路脇のアカメガシワの木にヒタキが頻繁に姿を見せていました。実を食べるのはコサメビタキ、エゾビタキ、キビタキ、オオルリ、コゲラ、メジロといったところ。ムギマキが来るまでに実が残っているといいのですが…。

1809271180927218092731809274118092752180927531809276218092761

|

2018年9月24日 (月)

ピークを迎えた鷹の渡り

地元の山の鷹の渡りです。

鷹の渡りは昨日が今季の渡りのピークでした。所要で山を降りた後の、お昼前から1000羽以上が川の流れのように渡ったそうです。北摂山地ではなく少し南の市街地上空というのが意外です。家からでも観れたはずなのでかなり残念です。

ピークを迎える前の時間帯でも鷹柱が楽しめました。この時期はほとんどがサシバです。

1809241118092412180924131809241418092415

今季はほとんど近くを飛んでくれない。一番近かったのは食事のためか逆走していたサシバ。

180924211809242218092423_2

メインルートから離れた北部の山でも多数の鷹が渡っていました。こちらはハチクマが多かった。このまま中国山地を西進して福江島に向かうようです。

18092481

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

動物 | 昆虫 | | 趣味 | 野鳥 | 野鳥撮影