野鳥

2019年4月 8日 (月)

初認のコマドリ

地元の山のコマドリです。
今季の春の渡りは早いのでと思いましたが、寒の戻りでむしろ例年より遅くなった感じです。暖かくなって昨日やっと夏鳥・旅鳥が一斉に入って来ました。オオルリ、センダイムシクイは数を増やし、ヤブサメも確認できました。
地元では春の数週間しか見られないコマドリも入っていました。1羽が囀ると呼応して倒木の中や山の上からも囀りが。10羽以上いるはずですが見られたのは渓流ぞいに降りて来た3羽だけ。昨夜は雨だったので残留するだろうと今日も行きましたがもぬけの殻でした。第二弾、第三弾に期待です。

1904081 

1904085

1904082

1904086

1804083

1904084

|

2019年3月24日 (日)

北摂の山のマヒワとキクイタダキ

北摂の山のマヒワとキクイタダキです。
今季の北摂の山の冬鳥は不作でした。特に例年なら百羽単位の群がよく見られるマヒワとアトリが少なかった。

マヒワは先月からやっと数カ所で確認できるようになりました。これは昨年までの定番のポイントに来たマヒワ。10羽ほどの小さな群でした。昨年までは群に混じるベニヒワを期待して探していましたが、今季はマヒワを見つけるのさえ難しかった。

1903241

1903242

1903243

最近キクイタダキがよく見られるようになりました。しかし簡単に撮らせてくれません。

1903244

1903245

|

2019年3月22日 (金)

地元の池のアカハジロ

先週のアカハジロです。今週2回見に行きましたがいませんでした。

12月中旬に淀川で見つけたアカハジロ交雑を探していました。山側も見てみようと思っていたらアカハジロの情報が。てっきり交雑と思って見に行きましたが別個体でした。ガンカモ一斉調査で見つかったそうです。
アカハジロは大阪府に2羽、京都にも1羽いるため珍しくないように思いますが世界で1000羽以下の希少種です。実際はもっと厳しいという話を聞きました。この個体が繁殖地に帰っても純血の雌に出会える確率は低いといわれています。

(ココログの仕様改悪で表示がおかしいです)

1903221_2

19032221_2

19032222_2

ヒシの実を食べていました

1903224_2

1903226_1

これは12月のアカハジロ交雑 このように交雑が増えていくと思います。

1812161_1

|

2019年3月17日 (日)

クマタカのディスプレイ

北部の山のクマタカです。
時々姿を見せるオオタカが気になるのか、ディスプレー飛翔も見れました。

弾丸のように急速落下するクマタカ。

1903171

突然身をすぼめ落下の体制に入ります。

19031721

空気抵抗をなくして30mほど急降下。

19031731

一転身をひるがえして上昇。身をすぼめたまま失速するまで上昇後また急降下を繰り返す。

19031742

ハチクマのように翼を反る行動も見れました。

1903181

|

2019年3月13日 (水)

クマタカの飛翔

北部の山のクマタカです。
何度か姿を見せてくれるものの遠くをチラッと横切るだけで、クマタカはまともに撮らせてくれません。再挑戦は風のない青空で絶好の撮影日よりでした。

クマタカは予定通り11時過ぎに飛び出し、稜線をしばらく旋回してこちらに向かってきました。今までより少し近くを通過していきました。谷に急降下して戻って来た時にはお腹いっぱいに。

1903131190313219031332

1羽目が帰還して入れ替わるように飛び出した別個体。どちらが雄か雌かわかりません。

190313419031351903136

山バックだとピントがあわない。

1903127

|

2019年3月10日 (日)

地元まで来たツリスガラ

地元の河川敷のツリスガラです。

今季の冬鳥は不作だと思っていますが、ツリスガラは豊作のようです。毎年下流の方では見られていても上流まで来るのは数年に一度。過去には地元でも何度か見られていますが、個人的には今回が初めてでした。

19031011903102190310319031041903105

ベニマシコはよく見られるようになりました。

190310619031071903108

|

2019年3月 8日 (金)

繁殖期のカワガラス

地元の川のカワガラスです。
今年も2カ所でカワガラスを観察しています。しかしどちらも繁殖を思わせる行動が見れていません。早ければ幼鳥が巣立ちする時期ですが、もう少し様子見です。

昨年、南のカワガラスの幼鳥が巣立ったのは3月下旬でした。餌運びが確認できたのが中旬だったので今は抱卵中かもしれません。子供が生まれたら大忙しになるので、のんびりできるのは今だけですね。

190308119030821903083190308419030851903086

|

2019年3月 5日 (火)

囀るヒガラとコガラ

北部の山のヒガラとコガラです。
カラ類の混群の中のキバシリを期待して林道を歩いてきましたが、混群にまったく出会えませんでした。混群は解散なのか出会ったカラ類はすべて単独かペアでした。留鳥達はもう繁殖期に入ったようです。

林道終点の駐車場で、朝からずっとソングポストで囀っていたヒガラ。混群で転々と移動していたカラ類も、今は自分のテリトリーを作っているようです。

190305119030521903053

コガラも囀っていました。

190305419030551903056_2

クマタカが頭上を通過。

1903057


|

2019年3月 2日 (土)

ベニマシコとアリスイ

河川敷のベニマシコなどです。
声ばかりで姿を見せてくれなかったベニマシコですが、このところよく見られるようになりました。繁殖地に向かう前は赤みが強くなるのでこれからが見頃です。

19030211903022190302319030241903025

春になるとアリスイが姿を見せます。しかし一番見られた場所は第二名神工事でなくなりました。この遠くの焼け跡にいたアリスイは陽炎の中でした。

1903026

ここにもう何年も連続で来ているハチジョウツグミを探しています。
これは通常のツグミ。

1903070_2

今季は色の薄いハチジョウツグミいるというのですが、探せば色がハチジョウぽいのが何個体かいました。

190302711190302721903027319030271

|

2019年2月27日 (水)

北部の山のクマタカ

北部の山のクマタカです。
昨秋、探鳥の帰りに初めて寄った山で見つけたクマタカ。ふもとに着いてすぐに稜線を旋回しているのが見れたので、ここでは簡単に撮れるだろうと思ってました。しかし声は聞こえるのですが、その後姿がまったく見れません。こちらの粘りが足りないこともありますが、クマタカは本当に飛びませんね。
雪の心配がなくなったのでまた見に行ってきました。落石だらけの悪路の終点に車を止めて歩き出した途端、思いがけずクマタカは飛んできました。その後4回見れましたが、遠かったり一瞬だったりで思い通りに撮れず。

食後なのか素嚢が膨らんでいます。

19022811902282_21902283_21902285

小鳥もちらほら見られました。

1902286

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

動物 昆虫 趣味 野鳥 野鳥撮影