« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

裏山探鳥

裏山のハイタカなどです。
今季まだ撮れていないツミを期待していますが、鷹はもうほとんど飛ばなくなってしまいました。赤味の強いハイタカが1羽だけ東進。

1810301181030218103022

一時多数いたオオムシクイ。しかし今日は見られませんでした。

1810303218103031

カラスザンショウとクマノミズキに来るのはメジロのみ。

181030421810304118103043

やたら元気なのはソウシチョウ。最近は年中見られるようになってしまいました。他にジョウビタキとカケス。

18103051810306218103061

|

2018年10月27日 (土)

河川敷のアオアシシギとコガモ

河川敷のアオアシシギなどです。

河川敷の池にアオアシシギが3羽。アオアシシギの秋の渡りは8月から見られるので遅く感じます。この池ではヒバリシギやコアオアシシギも来たことがあるので、以前は楽しみにして観察していた時期もありました。しかしこの数年は釣り人が中に入るので、カモもまったく見られなくなっていました。

警戒心の強いコガモがいるので、遠くからの撮影です。

181027118102721810273

タシギは4羽確認しました。

1810274

コガモが200羽以上。渡り途中の立ち寄りでしょう。ここでこれほどの密度のカモを見るのは初めてです。エクリプスの中に1羽だけ繁殖羽の個体がいます。

1810275

帰り道のハクセキレイ。パチンコ屋の広告塔を集団塒にしています。

1810278

|

2018年10月25日 (木)

ハイタカ/ノスリ

裏山のハイタカなどです。
鷹の渡りもすで終わった感じですが、今季はまだハイタカが撮れていませんでした。ノスリやツミを待って東側ばかり見ていますが、突然ハイタカが西から飛んで来ました。

朝鮮半島から入ってたきた東進のハイタカと思いましたが、そのまま降りて林の中に。ここが越冬地かも知れません。

18102511810252

ノスリとミサゴ。

18102541810253

ここもオオムシクイが多い。

181025711810257218102573

ヒヨドリもまだたくさん渡っています。1羽だけでおかしなヒヨドリが飛んでるので撮ったらイソヒヨドリでした。

181025818102592

|

2018年10月22日 (月)

アトリ/ムギマキ

北部の山のアトリなどです。
渡りの季節です。夏鳥が去って、旅鳥・冬鳥が少し入ってきました。

アトリは200羽ほどの群れが飛び回っていました。他にジョウビタキ、カシラダカ、アオジ。

18102211810222181022318102241810225_2

ムシクイを撮影中に突然飛んできたムギマキ。

18102251_2

今季はオオムシクイが多いように思います。

181022611810226218102263

|

2018年10月20日 (土)

ノスリ/オオタカ

裏山のノスリなどです。
10月の鷹の渡りの主役のノスリですが、今季はあまり見れていません。河川敷に通っている間に渡っていたのかもしれません。 晴れた朝、塒立ちのノスリが10羽次々と舞い上がってきました。はっきりとした上昇気流がないのか柱にはならずに何度も旋回していました。

ノスリの近くを飛んでいたのは8月にいったんいなくなるイワツバメ。

18102011181020121810202

1番近かったのはオオタカ成鳥。

181020411810204218102043

ミサゴと渡りのヒヨドリ。今季のヒヨドリの渡りはまとまりが悪く迫力がありません。

181020511810208

|

2018年10月17日 (水)

河川敷のノビタキとノゴマ

河川敷のノビタキとノゴマです。
ノビタキは昨年、1箇所に20羽ほどいたこともあったので今年は少なく感じます。それでも他の鳥とは違って、撮りやすい場所に出てくれるのでありがたい。

181017118101721810173181017421810174

水浴びに来た2羽のノゴマ。こちらはいつ出てくるかわかりません。

181017718101791810188

|

2018年10月14日 (日)

河川敷のノゴマ

河川敷のノゴマです。
何度も同じソングポストで喉を膨らませて囀っていました。

181015111810152

1810153_31810155_21810151_2


|

2018年10月13日 (土)

寂しい山の鳥

北摂の山のオオムシクイなどです。
今朝道路脇の温度計は9度。山の上はさらに寒かったはずです。先週は半袖だったのに今朝はダウンを着ての探鳥でした。北風が強く鳥の気配がありません。昨年野鳥で賑わった場所が全て振るいません。台風の影響か留鳥は少なく、夏鳥は早々に下界に。旅鳥は通り過ぎて、冬鳥はまだなので鳥の姿が本当にありません。

1週間前のオオムシクイ、オオルリ幼鳥、エゾビタキ、コサメビタキ。昨年までのサメビタキポイントは全て駄目でした。

18101311810132181013318101341810135

ムギマキを期待してカラスザンショウを見てきましたが、来るのはメジロだけ。

181013611810136218101363

| | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

河川敷のコヨシキリ

河川敷のコヨシキリです。

今年も姿を見せたコヨシキリ。この場所では3年連続です。繁殖地では出ずっぱりで囀っていますが、今はなかなか出てきません。

1810101_2181010218101031810104

予想に反して長留しているオオヨシゴイ。(10日が終認になりました)

1810106

|

2018年10月 8日 (月)

河川敷のオオヨシゴイ

河川敷のオオヨシゴイです。
毎年この時期になると河川敷ではヨシゴイが見られるのですが、今年は初めてオオヨシゴイが登場。オオヨシゴイは大阪では珍らしく数例しか記録がありません。

しかしあっという間に水路が干上がってしまうので、本日が最終になりそうです。同定はオオヨシゴイは黄目がC、ヨシゴイはOだそうです。

18100811810082181008418100831810085

| | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

塒立ちのサシバ

裏山のサシバです。
鷹の渡りは10月に入るとサシバ・ハチクマが終わり、ノスリ・ツミ・ハイタカに主役が変わります。この時期では貴重に思えるサシバが4羽、塒立ちでゆっくり舞い上がって来ました。

上昇気流が弱いのか、何度も旋回して高度を稼ぎます。高度差があるのでしょうが交差するたびにぶつかりそうに見えます。

18100411810042118100431

181004818100451181004521810046118100471

|

2018年10月 2日 (火)

河川敷のノビタキ

河川敷のノビタキなどです。
久しぶりに河川敷に。ノビタキはすでに多数入っているだろうと思っていましたが、見つけられたのは2羽のみ。あと1か月は滞在するので、しばらくは楽しめそうです。

1801002118100221810023

オケラと長時間格闘していましたが、最後は大きすぎて諦めていました。

1810024_2

川の増水で行き場がなくなったイカルチドリが多数上がってきていました。

1810025_2

渡りの途中の立ち寄りと思われるノスリが旋回していました。

1810026

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »