« 北摂のアオバズク | トップページ | カッコウは鳥類の多様性の指標? »

2018年6月24日 (日)

北摂の山のオオタカ

北摂の山のオオタカです。

好きな猛禽の順位を決めるとしたら、オオタカは下から数えたほうが早いと思います。オオタカは人里離れた山奥ではほとんど見られないのに、都市公園では簡単に撮れたりします。厳しい自然の中で生きているイメージがありません。しかし北摂の山でも鷹の渡りで長時間空を眺めていると飛ぶことがあるので、どこかで繁殖はしているのだろうとは思っていました。
2年前の冬によく探鳥する山で、チンパンジーのような声を聞くようになりました。最初はわからなかったのですが、調べたらオオタカでした。昨年の夏は一旦途絶えましたが、昨冬から毎日声が聞かれるようになり、近くで繁殖していると確信するようになりました。しかし高く舞い上がることがないので、姿はほとんど見えない。林道の狭い空ではチラッと通り過ぎるのがたまに見える程度。都市公園の撮りやすさとは大違いです。

幼鳥が餌を欲しがっているのか絶えず声がするので、見晴らしのよい場所で待っていると遠くの枯れ木にとまりました。2年目で初めてシャッターが押せました。これで少しはオオタカが好きになるかも。

18062411806243_218062432

オオタカをモビングする鳥といえばカラスですが、ここではカケスです。カケスが騒ぐときまってオオタカの声もあります。しかしこのカケスも隠れるのがうまく撮りにくい。これは少し離れた場所のカケスですが、何か気になることがあるのか同じ場所を何度もつついていました。

180624418062451806246

|

« 北摂のアオバズク | トップページ | カッコウは鳥類の多様性の指標? »

野鳥」カテゴリの記事