« 巣材集めのコガラ | トップページ | 帰ってきたサシバ »

2018年5月 8日 (火)

遠かったオオハム

海鳥を探して海岸線をドライブしてきました。
アビ科の冬羽は地味ですが、夏羽の幾何学模様は人がコンピュータでデザインしたのではと思うほど奇抜です。繁殖地に向かう寸前には夏羽に換羽しつつあるものが見られます。
オオハム、シロエリオオハムは警戒心がまったくない個体がたまにいますが、ここでは見つけた時には近いのにレンズを向けるとさっと遠くに行ってしまいます。今回も一定の距離から近くには来てくれませんでした。

1分間潜って5秒だけ浮上の繰り返し。何度も見失います。遠すぎてわかりませんがまだ完全な夏羽ではありません。

1805081180508218050831805084

|

« 巣材集めのコガラ | トップページ | 帰ってきたサシバ »

野鳥」カテゴリの記事