« 罪作りなツミ | トップページ | 河川敷の猛禽 »

2017年12月10日 (日)

近場でイスカ

北部の山のイスカです。
早朝の展望台の横の木にマヒワが20羽ほど。落葉した木の実のない裸の木で朝陽を浴びてのんびりとしていました。数枚撮ったあとで反対側に目をやると、やや大型の赤っぽい10羽ほどの群れがありました。今季多いアトリと思いましたが一応撮っておくことに。

一番近い鳥は木に挟まれて撮りにくい…… 朝陽で赤く見える?

1712101

横の個体はなんだか色が悪い……

1712102

嘴が見えて「イスカ!」と思った瞬間、前記事のツミが襲来して終了でした。今季はイスカを探して近隣の山をあちこち行っていますが、ここは完全にノーマークで気づくのが遅れました。

1712104

その後、見に行きましたが帰ってきませんでした。ここは餌場ではないので立ち寄りだったのでしょう。北摂の山のどこかにいると思いますが、今回は10羽ほどの小さな群れだったので、今後もっと増えてくれないと広い山で出会うのは難しいかもしれません。

マヒワとイスカは木に付いた霜を食べていたようです。

17121051712103_21712107

|

« 罪作りなツミ | トップページ | 河川敷の猛禽 »