« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

オオジュリン/アオジ

河川敷のオオジュリンなどです。
今日は木枯らし1号で風の強い日でした。河川敷では夏鳥と旅鳥が姿を消して冬鳥と入れ替わりの時期です。今日は今季初めての冬鳥が3種見れました。

オオジュリンとアオジ

17102911710292171029421710294

河川敷では今季初認のハイタカ

1710295

旅鳥のノビタキとはそろそろお別れ。

17102961710297

|

2017年10月27日 (金)

ビンズイ/アオバト

北摂の山のビンズイなどです。
台風の後、初めて山間部を見てきました。林道は徐々に整備されてきていますが、崩落や倒木を見ると野鳥たちはどうやってこの台風をやり過ごしたのだろうかと思います。

ムギマキを探して数カ所のカラスザンショウを見てきました。
今まで実績の無かったカラスザンショウにムギマキ雄。他に地鳴きを1カ所で。

1710271_2

10月初旬に北部の湿地2カ所で見ていますが、こちらでは今季初のビンズイ。

1710274

道端にいたアオバト。具合が悪いのか動かないので保護しようとしたら飛んで行きました。元気になって戻ってきたら思いっきりシャッター押したい。

1710275

今季はよく見るアトリ。久々に晴れわたった空を渡るノスリ。そろそろ終認のメボソ系ムシクイ。

171027217102731710277

|

2017年10月25日 (水)

ジョウビタキ/キビタキ

裏山のジョウビタキです。
10月中旬から見られているジョウビタキ。今季は早いように思います。台風の後あちこちで見るようになりました。悪天候続きでもちゃんと渡ってきていることに感心します。
裏山の植栽の中からヒッヒッとカッカの声。何かと覗くとジョウビタキとキビタキの縄張り争いでした。夏鳥と冬鳥が同居するのはわずかな期間。お互い見慣れないヤツでしょう。

1710251171025417102521710253

|

2017年10月23日 (月)

台風前のムギマキ

北摂の山のムギマキなどです。
台風前の雨の中ムギマキの様子を見に行ってきました。観察小屋で3時間待ちましたが木の実は僅かに残っているだけでムギマキは一瞬現れて去って行きました。今回の台風で残りの木の実もなくなっているでしょう。

171023217102311710233

これから食べ頃になるカラスザンショウにムギマキを期待します。昨年ノゴマが来たイヌザンショウにはキビ雌だけでした。

1710234

アカメガシワには一時期10羽ほどのサメビタキが

171023411710234217102343

晴れた朝300羽ほどのアトリの群れ

1710238

|

2017年10月20日 (金)

花とノビタキ

河川敷などのノビタキです。
雨の止み間に何かいないかと河川敷を徘徊していますが、見つかるのはノビタキだけです。

セイタカアワダチソウ

17102021710201171020317102041710205_21710208

コスノビ

1710206

|

2017年10月17日 (火)

河川敷のコヨシキリ

河川敷のコヨシキリです。
北部の湿地では10月第1週に多くの渡りのコヨシキリが観察されています。地元の河川敷でもこの時期毎年のように観察されているものの運が良くないと撮れませんでした。今年は少しサービス良く期待に応えてくれました。

17101711710172171017317101741710175

北部の湿地でバンディングされたコヨシキリ。10月中旬には僅かしかいませんでした。

1710176

|

2017年10月15日 (日)

ムギマキ

今季初のムギマキです。
うっとうしい天気が続きますが渡りの季節は河川敷に山にと忙しい。

昨年撮れなかった雄成鳥が2羽

171015117101521710152_217101541710155

雌も複数いるが撮りにくい

1710156

|

2017年10月12日 (木)

河川敷水路の野鳥

河川敷のノゴマなどです。
今年も河川敷の水路でクイナ、ヒクイナが多数見られています。渡り途中の小鳥も水浴びに来たりして賑わってきました。あとはヨシゴイ待ちです。

おそらく河川敷に多数入っているノゴマ。天然でいられるのはいつまでか?
ノゴマ、シロガシラ、ヒクイナ、アリスイ、カワセミ

17101211710123


171012217101241710125

ヨシどまりのこの鳥は? 山でなら悩みませんがヨシ原では初めて見たキビタキ。3枚目は対岸の河畔林の雄成鳥。

171012611710126217101263

昨日は20羽以上いたノビタキ。今日はほとんど移動して姿がありませんでした。

1710127117101272

アスファルトの上で丸まっていた赤くきれいな蛇。ヤマカガシかと思いましたが調べるとジムグリの幼蛇でした。

171012811710128217101283

|

2017年10月 9日 (月)

ツミ/ハチクマ

地元を通る鷹の渡りルートでは主役がノスリに変わりました。ピークが遅い南側ルートに残りのサシバ、ハチクマを求めて行ってきました。

ぽつりぽつりですが飛んで楽しませてくれました。
ツミ、ハチクマ、ノスリ、オオタカ。他にサシバの鷹柱、チゴハヤブサなど。

17100911710092171009317100941710095171009617100971710098

|

2017年10月 7日 (土)

アカメガシワのヒタキ

北摂の山のサメビタキなどです。
アカメガシワの実が食べごろです。この実はヒタキが特に好きなようで、サメビタキ3兄弟とオオルリ、キビタキがひっきりなしに食べにきていました。

サメビタキとコサメビタキが常連で何度もフライングキャッチしていました。

17101811710082

1710083_21708104171008517100861710087

オオルリとキビタキ

17100881710088217100883

おまけのアサギマダラ

1710089117100892

|

2017年10月 6日 (金)

河川敷のノビタキ

河川敷のノビタキです。
河川敷を横断する第2名神の工事が少しずつ始まっています。枚方市の地下トンネルを出た高速道は淀川を渡る高架がそのまま裏山のトンネルまでつながります。平成35年の完成予定です。しばらくはまともに探鳥できなくなります。

変わらず春秋にノビタキがここに立ち寄ってくれるでしょうか。

1710061


1710062171006317100641710065

|

2017年10月 3日 (火)

秋の野菊とノビタキ

河川敷と田んぼのノビタキです。
この時期いろんなノビタキのコラボが見られています。

河川敷のアキノノギクと第2名神工事による刈り跡のノビタキです。

171003117100321710033

以前撮った田んぼのノビタキ。ケバい!

171003417100351710036

171003717100381

これも派手なオオセイボウ

1710039

|

2017年10月 1日 (日)

サシバの渡りは終盤

地元の山のサシバなどです。
地元を通る渡りのルートではハチクマ・サシバはそろそろ終わりかもしれません。後半の主役のノスリの割合が増えてきています。次の天気回復後にはもう一度大きな波が来てほしいです。

雨の後の日にはサシバの幼鳥が次々と現れ、頭上で帆翔する姿が見られました。一番低い展望台でのサシバの流れは今季一番の感動でした。

17100111710012171001317100151710016

塒立ちのツミ2とサシバのバトルは喧嘩のようでもあり、遊びのようでもありました。

1710018117100182

おまけのブルーインパルス(3機の内の2機)

1710019

|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »