« 渓谷のカワガラス | トップページ | 棚田のサシバ »

2017年5月19日 (金)

湖面を渡るハチクマ

今年も春のハチクマの渡りを見に行ってきました。
このところ鷹の渡り観察はハズレ続きでした。今回も上流の広島のカウントを見るとすでに2回のピークの後で残り物しかない感じになっていました。前日の数もたいしたことはなく望み薄でした。
しかしどこに溜まっていたのか小規模ながらいくつも鷹柱があがり、1日で200羽以上が渡ってくれました。特に昼過ぎの1時間は次々に湖面から沸き上がったハチクマが鷹柱をつくって至福の時間でした。

湖面を渡るハチクマ。
トビが多く飛ぶので背中だけでハチクマを見分けるのは難しい。早めに見つけないとあっという間に湧き上がって背打ちは撮れません。

170519117051921705193170519417051951705196

山が背景になるとピントを山に取られて歩留まりが一気に落ちます。

170519811705198217051983

|

« 渓谷のカワガラス | トップページ | 棚田のサシバ »

野鳥」カテゴリの記事