« 寂しくなったコミミフィールド | トップページ | 木の実とルリビタキ »

2017年2月 5日 (日)

近場の山のウソなど

北摂の山のウソなどです。
市街地に近い地元の山は最近人気です。山というより公園なので、人が多く鳥が人慣れしている感じがします。全体的に鳥が濃い感じもします。
よく行く奥地のフィールドは人に全く会わないところが多く、野鳥は警戒心が強いので何も撮れないこともあります。ここでは鳥が撮りやすく、まず坊主にならないのがいいですね。
先週ここでは大阪では激レアのオジロワシを撮ってる方が数人います。人の目が多いのは利点で、バーダーのいない山ではまったく記録にならなかったところです。
※オジロワシは「2001年大阪府鳥類目録」によると1944年以前と1985年にそれらしい個体の記録があるだけです。

近場で簡単にウソが撮れるのはありがたい。400ミリでもどアップに。

170206117020621702063

ミヤマホオジロ、ルリビタキ、トラツグミも近くで撮れます。

17020641702065170206617020671170206721702067317020674

カケス、シロハラも山奥では撮るのは大変だけど、ここでは比較的簡単です。

170206911702069217020693170206941702069517020696

|

« 寂しくなったコミミフィールド | トップページ | 木の実とルリビタキ »

野鳥」カテゴリの記事