« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

ミヤマホオジロ/ルリビタキ

北摂の山のミヤマホオジロなどです。
タイミングが悪くなかなか撮れなかったミヤマホオジロ。まだ個体数が少ないのかいつも単独でした。

1611291161129216112932

愛想のいいルリビタキ。

161129416112971611295_2

田んぼの柿の木に群れていたツグミ

161129101

|

2016年11月26日 (土)

ハジロコチドリ/オジロトウネン

南の池のハジロコチドリなどです。
山の帰りにハジロコチドリを見てきました。ハジロコチドリはずんぐりとした体型に短い嘴で可愛く見えます。しかし大きさはコチドリ(17cm)<ハジロコチドリ(20cm)<イカルチドリ(21cm)と意外に大きい。

このハジロコチドリはハマシギと行動を共にしていました。

161126116112621611263

イカルチドリ(左)とハジロコチドリ(右)。嘴の長さが対照的です。

1611264

対岸にいたオジロトウネン。識別ポイントの足が泥だらけ。13〜15cmと小さい。

1611265_2

どこから見ても遠かったヘラサギ。珍し系だけどあちこちで見ているのでレアな感じがしません。そういえば九州でヘラシギを撮っている時に後ろを歩いてました。近かったけど全然撮ってない。

1611266

地元では冬場に見ることのないコチドリがここにはたくさん。それと田んぼより水辺で見ることの多いタヒバリ。

161126716112681

普通種だけど印象に残ったのが、エミュー牧場を思い出したオオバンの群れとカイツブリ60羽以上の団体。

1611269216112693

|

2016年11月24日 (木)

カヤクグリ

南の山のカヤクグリです。
普段は北摂中心の鳥見ですが、ちょっと南の方の山を見てきました。期待はしていませんでしたが、それ以上に鳥の密度が低かった。勝手がわからないので鳥がよく来るポイントをはずしていたのかもしれません。
登山道を歩いていると、茶色い鳥が道から飛びだし薮の中に。ヒリリリという地鳴きでカヤクグリとわかりました。帰りにその場所で待っていると道に出て来てくれ、警戒心が薄い鳥なのでゆっくり撮影ができました。
地元のカヤクグリの撮影ポイントは春まで工事で入れなくなったので、とりあえず今季も撮れて良かったです。

1611241_21611242161124316112441611245

カヤクグリの他に確認できたのは、ビンズイ、カシラダカ、ヒガラ、ジョウビタキ、アオジ、ウソ声、ルリビタキ声と寂しいものでした。

1611246

|

2016年11月22日 (火)

ルリビタキ/シロハラ

北摂の山のルリビタキ、シロハラ、カケスです。
ルリビタキは数を増やし各地で多数確認できました。オスの綺麗な囀りも数カ所で聴けました。しかしこのところ出会えるルリビタキは雌タイプばかりです。

16112222161122211611222316112224_2

シロハラも増えてきました。シロハラを撮ろうと思うのは飛来まもない時期だけですが、まだ簡単には撮らせてくれません。

16111831

↓これは8月初旬に地元で撮ったシロハラ。これを撮ってすぐにこの地区に熊が出没したため、この場所が立入り禁止になってしまいました。貴重な探鳥地だったのに残念。

1608101

カケスは一時期たくさんいましたが、移動していったようで気がつけば僅かしか残っていません。隠れるのがうまく、まともに撮らせてくれません。

161122311611223216112233

|

2016年11月18日 (金)

トラツグミ/ルリビタキ

北摂の山のトラツグミとルリビタキです。
地元の山にも少しづつ冬鳥が増えてきています。
トラツグミがヒサカキの黒い実を食べていました。トラツグミはこの場所では冬鳥と言えるかもしれませんが、数キロ奥の地元の山では毎年夏季にも囀りが聞こえ、今年は姿も見ることができたので、漂鳥といったほうがいいのかもしれません。
この個体がどこから来たのかはわかりませんが、この冬ずっとここで過ごしてほしいものです。

1611181116111812161118131611181416111815

ルリビタキは今週になって一斉に入ってきたようで、各地で見られました。随分前から見聞きはしていましたが、やっと今季の初撮りです。今の時期は縄張り争いで綺麗な囀りが聞けることがあるので楽しみです。

161118211611182216111823

|

2016年11月16日 (水)

秋色の公園

裏山の公園の野鳥などです。
麓の山にも紅葉が降りてきて、美しい季節になりました。このところ早朝は近くの公園を散策しています。これといった鳥はいませんが紅葉に絡む鳥たちが被写体です。

1611151116111512161115131611151416111515

アカゲラ、カケス、ソウシチョウ

161115211611152216111523

近くの登山道に今年もやってきたクロジ。5羽いたにもかかわらず後ろ姿しか撮れず。

16111531

あまり見ないニホンイタチらしい個体がいました。河川敷で見られるチョウセンイタチと比べて尾が短い。他にいつも排水溝から顔をのぞかせてくれるアナグマ。警戒心が全くありません。逃げ足が速いホンドリス。

161115411611154216111543

|

2016年11月13日 (日)

河川敷の猛禽

地元河川敷の猛禽です。
冬鳥として飛来するノスリに続いてハイタカもよく見るようになりました。あとはコミミにハイチュウですが今季は難しそうです。

161113116111321611133

ノスリは幼鳥と成鳥、複数見られます。

161113416111351611136

他にチョウゲンボウ、ミサゴ、オオタカ。

161113711611137216111373161113816111382

今年も鈴鹿の4時間エンデューロを走ってきました。4回目で初めてノントラブルだったこともあり152/344位で完走できました。最高齢と思われるチームの割にはよく頑張ったと思います。

1611139


|

2016年11月11日 (金)

タカサゴクロサギ

近場のタカサゴクロサギです。
以前は珍鳥情報で東奔西走したこともあったけど、最近は地元の普通種ばかりです。皆と同じものではなくオンリーワンなものをと思っていますが、当ブログは地味ネタばかりになってますね。
タカサゴクロサギが近場に出ていると教えていただいたので行ってきました。久しぶりに会うカメラマンさんも多く同窓会のようでした。かんじんの鳥の方はタイミングが悪くいいのが撮れません。まあ、これだけ写真が氾濫していると自分がいいのが撮れてなくてもどうでもいいような気がします。

1611111161111216111131611114

|

2016年11月 9日 (水)

カラスザンショウの実を食べる野鳥

北摂の山のジョウビタキなどです。
カラスザンショウの実は野鳥が好んで食べます。食べ頃の季節にちょうど通過するムギマキを探して各地でカラスザンショウをチェックしていました。しかしカラスザンショウはある所には多数群生していて、ほとんど食べられていないことの方が多く、結局ムギマキは2カ所で見れただけです。

ヒタキは好んで食べますがジョウビタキが食べているのは初めて見ました。

161109116110921611093

一番多いのがメジロです。

161109416110951611096

コゲラ、キビタキ、ムギマキ、ヒヨドリ。ヒヨドリは好みでないのかあまり食べてないようです。他にマミチャジナイ、シロハラや命名の由来のカラスも食べていました。

161109716110981611099416110991

以前撮ったルリビタキとソウシチョウ。

1611099216110993

|

2016年11月 6日 (日)

ミヤマホオジロとツグミ

北部の山のミヤマホオジロなどです。
冬鳥を探して紅葉の山を歩いてきました。今回一番多かったのはツグミです。ツグミは1か所で100羽ほどの群れなど、かなり大量に入っていました。近々平地にも降りてくるでしょう。ウソ、ルリビタキを期待したのですが、見れた冬鳥はミヤマホオジロ、アトリ、マヒワぐらいでちょっと期待はずれ。

161106116110621611063

留鳥のカラ類は数をぐっと減らしていました。常連のヒガラはすでに下界に向かったのか全く見れませんでした。寒い山の上で冬を越すつもりのゴジュウカラがしきりに貯食していました。

161106416110651611066

紅葉に絡んでくれたのはこのハイタカだけ。

1611067

|

2016年11月 3日 (木)

田んぼのホオアカ

近所の田んぼのホオアカです。
各地でホオアカが戻ってきているようなので、3年連続で越冬している近所の田んぼを見てきました。ホオアカは珍しくはありませんが、どこにでもいるわけではなく毎年よく見られる場所は決まっています。
早朝に見に行くと期待通りにホオアカは来ていました。今朝は2羽確認できました。連続記録が途絶えるともう見られそうにない場所なのでほっとしました。
ここのホオアカは夜明けから1時間ほど日向ぼっこでじっとしています。なので遠いけれど撮影は簡単です。

161103116110321611033161103616110341611035

|

2016年11月 1日 (火)

裏山のビンズイなど

近くの山のビンズイ、ソウシチョウ、ムシクイです。
我が家は山から近く、歩いてすぐにハイキングコースに入れます。しかし第二名神に関係する工事で遠回りしないと登れなくなったせいで、このところあまり行っていませんでした。そろそろ冬鳥が入る頃なので様子を見てきました。

いつもの場所にビンズイが来ていました。冬鳥は他にジョウビタキだけでまだこれからです。

161101116110121611013

ソウシチョウも越冬のため今季も来ていました。30羽ほどの群れで騒がしかった。地元の山は鹿による食害で繁殖期にはほとんど見ませんが、冬になるとどこからかやってきます。

1611014_216110151611016

メボソ系のムシクイがまだいました。あと夏鳥で残っているのはキビタキだけ。

1611017_216110181611019

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »