« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

河川敷のアリスイ

地元河川敷のアリスイです。
今季は多いような気がするアリスイ。このところ河川敷に行けばほぼどこかで逢えます。しかしいつも遠い。見つけて少しでも前進すると飛んでしまうので大トリばかりです。本当にここの鳥は何でも警戒心が強すぎて困ります。

16103011610302161030316103041610309

そろそろ冬鳥が河川敷にも入る頃ですが、なかなか出会えません。これは北部の原っぱのアオジとカシラダカ。すでに大量に入っていたので近々地元でも普通に見られるようになるでしょう。

1610305_216103081610306

|

2016年10月28日 (金)

河川敷のノスリ

河川敷のノスリです。
鷹の渡りもほぼ終わりでしょうか。まだ渡り途中の立ち寄りかもしれませんが、地元の河川敷にもノスリが複数到着しています。山で撮る渡りのノスリは豆粒サイズばかりでしたが、やっと近くで撮れました。

161028116102821610283_2 1610284161028516102861610287

渡りのツミ。今季はハイタカもいいのが撮れてません。

1610289_2


|

2016年10月26日 (水)

寂しくなった山

北摂の山のアカゲラなどです。
先週まで多くのヒタキ、大型ツグミで賑わった山から夏鳥、旅鳥が去って寂しくなりました。たくさんいたクロツグミの声はシロハラに変わり、残っている留鳥達が被写体になってくれました。

アカゲラとアオゲラ

161026116102621610264

上空を飛ぶ冬鳥のアトリの群れ。マヒワの群れも見られるようになりました。これからやってくる冬鳥に期待します。

16102651

先週までたくさんいたサメビタキとキビタキ。ぐっと冷えた朝から姿がありません。

1610266116102661610267

|

2016年10月23日 (日)

ムギマキ

北摂の山のムギマキです。
食べごろのカラスザンショウを探してあちこち見に行っています。カラスザンショウは多くの野鳥が好んで食べますが、一番多いのがメジロでした。他にキビタキ、コゲラ、ジョウビタキ、そして一番目当てのムギマキ。

16102311610232161023616102341610235

イヌザンショウに来たノゴマの雌2羽に続いて、ムギマキも雌タイプ2羽(1羽は雄若)。撮れただけましとはいえ少し残念。一応ツーショットなんですが後ろのムギマキは絞れずボケてしまいました。

1610238


|

2016年10月21日 (金)

ヒガラとコガラの水浴び

北部の山のヒガラとコガラです。
ヒガラとコガラは水浴びが好きな鳥といえるかもしれません。水場で鳥が来るのを待っているわけではないのに、水浴中によく遭遇する鳥です。どちらもコチョコチョと撮りにくい鳥ですが、水浴びの時は警戒心が薄くなり撮りやすいからそう思うのかも。ゴジュウカラやキバシリの水浴びも見てみたいものです。

人目を気にせず近くで水浴びを始めたヒガラ。

16102111610212161021316102141610215

その奥には2羽のコガラも水浴びにきました。

161021716102161610218

|

2016年10月19日 (水)

目白押しの水場

北摂の山のメジロです。
林道脇の小さなせせらぎで50羽ほどのメジロが水浴びをしていました。メジロは普通ならほとんど撮らない鳥です。しかし狭いスペースに次々に舞い降りて、目白押しになるのが面白く、思わず連射しました。

1610191161019216101941610195

食べ頃のカラスザンショウでムギマキなどを期待して待ちましたが、来てくれたのはメジロさんだけでした。

1610196

|

2016年10月17日 (月)

お山のノゴマとサメビタキ

北摂の山のノゴマとサメビタキです。
標高450mの山中にあるイヌザンショウの実が食べ頃だったので、何か鳥がこないか少し待ってみました。すると直ぐにカッカッという地鳴きとともに鳥が木の中に。隙間から覗くと2羽のノゴマ雌でした。
ノゴマは草原のイメージがあったのでちょっと驚きました。しかし調べてみると渡りの途中や越冬地では森林に生息することもあるそうです。

16101711610172161017316101741610175

今年見つけた2カ所のサメビタキポイントのうち、1カ所のサメビタキ達が旅立ったようで確認できませんでした。2週間ほどいつも同じ場にとまって楽しませてくれました。この場所は標高500mで平地では少ないサメビタキがコサメビタキやエゾビタキより多かった。

161017916101761610177161017816101710

|

2016年10月15日 (土)

冬鳥ウォッチング

北部の山のアトリ、ジョウビタキ、シメなどです。
このところの冷え込みで冬鳥が南下していないか探してきました。

アトリは30羽ほどが飛び回っていました。まだ落葉してないので木の中にとまると見つけるが難しい。

1610153_2

カッ、カッと縄張りを主張していたジョウビタキ。真剣に撮るのは今の時期だけかな?

1610151

昨季は少ない状態が続いて春先になってやっと増えてきたシメ。今季は早い初認ですが多い年になるんでしょうか。

16101522

旅鳥もしくは冬鳥のマミチャジナイと冬鳥のハイタカと夏鳥のツミ。

16101561610158

|

2016年10月13日 (木)

ヒクイナ/ヨシゴイ

地元河川敷のヒクイナ、ヨシゴイなどです。
水路が閉められるこの時期は毎年クイナ類が多く見られます。しかし今年は少なく、やっとヒクイナ2羽が見られただけです。例年多数いる冬鳥のクイナの到着が遅いようです。

ここは人の出入りが少ないところなので、鳥はほとんど人馴れしておらず警戒心が強い。特にクイナ類はバンでさえゆっくり見ることができない場所ですが、この時期だけは別です。ヒクイナが僅かに残った水たまりで、水浴び毛繕いをしていました。

16101311610132161013316101341610135

ヨシゴイは大雨で少し滞在が伸びましたが、水が涸れたので旅立ったようです。

161013616101371610138

他にオオヨシキリ、アリスイ、ミサゴ、カワセミ

1610139161013101610131116101312

|

2016年10月11日 (火)

黒い木の実のレストラン

北摂の山のマミチャジナイ、クロツグミ、アオゲラ、キビタキ、サメビタキです。
この時期の山でヒタキが食べる木の実といえば、クマノミズキ、アカメガシワ、カラスザンショウが有名ですが、今季見つけたヒタキの多いポイントには全て黒い実がありました。調べたらタカノツメ(鷹の爪)というウコギ科の樹木でした。

大型ツグミ類もこの実が好きなようです。2週間前マミジロの時にも来ていたマミチャジナイがここにもいました。木の中から出てこないので撮りにくい。

161011111610111216101113

クロツグミも10羽ほど確認しました。しかしクロツグミにとってこの実はおつまみ程度なのか、たまにしか食べに来ません。

161011211610112216101123

アオゲラもこの実が好きです。

16101131

キビタキ、オオルリも常連です。まだ山を降りず多数残っていました。

16101141

サメビタキ3種も好んで食べます。このところ一番多いのがこのサメビタキです。

16101151

|

2016年10月 9日 (日)

アリスイ/ヨシゴイ

地元河川敷のアリスイ、ヨシゴイ、ノビタキです。
今年も水門が閉じられ、干上がった水路に多くの小魚が取り残されました。例年ならそこに多くのクイナ類が現れるのですが、今年はどういうわけかクイナが少ない。いつものヨシゴイ、ヒクイナが少しだけ。出待ちの時間にはいつものように、ノゴマ、アリスイ、コヨシキリ、オオヨシキリが運が良ければ見れます。

ここのアリスイは毎年春と秋にこの場所に。以前よくとまった木はカナムグラとアレチウリで覆われてしまいました。

16100811610082

今年のヨシゴイは1羽だけ。きっと水路が閉められる前からここに来ていたのでしょう。今朝の大雨で滞在が延びました。

161008316100841610086

ノビタキは一気に数を増やしました。ここの名物はアキノノギクどまりです。午前中しか花が咲かないので注意です。

1610087161008916100810

|

2016年10月 7日 (金)

渡るヒヨドリとカケス

裏山のヒヨドリ、カケス、鷹、アナグマです。
今日は秋らしい青空の一日でした。これほどの青空は今季初めてのような気がします。今日は多くの鳥達が移動していました。渡りをする夏鳥、旅鳥、冬鳥ばかりでなく漂鳥たちも渡っています。

留鳥のようなヒヨドリも、冬期は暖かい地方に移動しています。大阪平野に突き出たこの山に溜まったヒヨドリ達は、集団で市街地へと飛び出していきます。伊良湖岬の先端で見られるヒヨドリの渡りと同じように、何度も出ては引き返してもどかしい。

161007716100711_316100718

カケスもまた移動しています。今日は20羽ほどが集団で山伝いを飛んでいました。

161007211610072416100723

10羽ほどの鷹柱も見れました。これからの渡りの主役はノスリです。下はおまけのヘリ。

16100731161007321610073316100715

ここへ来るといつもワンちゃんが排水溝を覗いて吠えているので、テンでもいるのかと思ったらアナグマでした。警戒心がなくスマホで撮っても逃げません。興味津々でこちらを見ていました。

1610071016100711_2

|

2016年10月 5日 (水)

鷹の渡り

今季は天候不順もあって鷹の渡りの写真がまともに撮れていません。鷹達は悪天候の中、間隙を縫うように渡っていて、どうもタイミングが合わない。鷹運に見放されている感じです。写真も秋らしい青空の写真は少なく曇天のシルエットばかりです。

1610051_2

ピーク時にはみごとな鷹柱も見られたそうですが、その日は小鳥を撮っていました。見れた鷹柱は最高でも15羽程度。ハリオアマツバメも飛んでいました。

161005216100531610054_2

いつもの観察場所が第二名神の工事で行きにくくなったせいで、早朝の塒立ちの鷹には出会える機会がありませんでした。

16100551610056161005716100548

お泊まりのサシバと向かいの山で毛繕い中のツミ。

1610059116100592_2

|

2016年10月 1日 (土)

サメビタキ3兄弟

北摂の山のサメビタキ、エゾビタキ、コサメビタキです。
昨年サメビタキがたくさん見られた場所に、今年はまったく鳥がいません。ヒタキが食べていたモチノキ科の赤い実が今年はまったく実っていないからです。植物のことはわかりませんが周年で実がなったりならなかったりするのでしょうか。
今年はダメかと思ったら、少し離れた場所の黒い実に多くのヒタキが集まっていました。この黒い実は先週違う場所でマミジロが食べに来たものと同じです。結構どこにでもある木なのでこの場所でなくても良さそうなのですが、鳥が鳥を呼ぶような感じで頻繁にヒタキが来ていました。
その中にサメビタキが少なくとも3羽。サメビタキの習性か何度も同じ場所にとまってくれるので撮りやすい。

16100111610012161001316100141610015

サメビタキのお気に入りの場所にエゾビタキ(右下)。

1610006

エゾビタキも多数。下尾筒が真っ白です。

161001716100181610019

ここはコサメビタキの繁殖地ですが、意外に少なく撮れたのはこれだけでした。

16100110

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »