« アカゲラ他 | トップページ | クロハラアジサシの群れ »

2016年9月20日 (火)

大授搦のシギチ

今年も日本一のシギチの飛来地の大授搦(だいじゅがらみ)に行ってきました。
この3連休はあいにくの天候でしたが、潮高が6mと観察には絶好の日でした。ここには何度も来ていますが最高でも潮が柵の手前までで、いつもシギチが遠かった。今回はいつも歩いている場所も完全に水没してしまうので、シギチが避難するために右往左往する様子が見れました。

柵の上部まで海面が上昇。通常はこの柵のはるか前方に海岸線があります。下には降りれないので観察は堤防の上からになります。

16092011609202160920316092032

干潟が水没し行き場のなくなったシギチは、堤防の上や浮いた木くずの上へと飛び回ります。

160920416092051609206

2年連続で見られたヘラシギは今年はまだ見つかっていません。今年の珍し系は5羽のカラフトアオアシシギ。5羽いてもシギチの総数が多いので見つけるのは大変。

160920a1160920a2160920a3

キリアイは多数。大多数のハマシギの中にいても目立ちます。

160920k1_2160920k2160920k3

サルハマシギは難しく教えてもらわなければわかりませんでした。他に普通のアオアシシギ、ダイシャクシギなど。30種ほどいるそうですが数の多さにに圧倒されて1羽ずつ見ていく気力がなくなります。

160920s1160920s2160920s3

|

« アカゲラ他 | トップページ | クロハラアジサシの群れ »

野鳥」カテゴリの記事