« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

オオアカゲラ/アカゲラ

北摂の山のオオアカゲラです。
昨年は繁殖期に地元でも見れたオオアカゲラですが、今年はまったく見られませんでした。秋になって移動してきたのか、久しぶりに近場の山で出会えました。

1609291160929216092931609094

すぐそばに飛んで来たのはアカゲラでした。

1609295_2

一時は撮り放題だったアオゲラ。最近は相性が悪く、まともに撮れていません。ヒタキや大型ツグミと同じように黒い実を食べに来ました。

1609296


|

2016年9月27日 (火)

旅立ったクロハラアジサシ

淀川のクロハラアジサシです。
地元では珍しいクロハラアジサシ。100羽ほどが6日間滞在して旅立っていきました。これからオーストラリア方面への長旅。充分栄養はとれたでしょうか。
旅鳥なのでいついなくなってもおかしくないので、撮れる時には撮っておこうと通いましたが、アジサシの撮影はやっぱり難しい。いいカメラだったら簡単に撮れるのかな。

16092711609272160927416092761609271016092771609278

|

2016年9月25日 (日)

マミジロ

北摂の山のマミジロなどです。
最近お気に入りの山にマミジロの若鳥が2羽入りました。時期的にマミジロが入る可能性があるとは思っていましたが、その通りになって少し驚きました。
黒い実(名前がわからない)を食べに時々姿を見せてくれました。

160925116092521609254

全身が見えることはほとんどなく、ピントが合わせが難しい。

1609255160925616092571609258

マミジロと紛らわしいクロツグミとマミチャジナイも登場。クロツグミは実を食べず林床を歩いていました。マミチャジナイはマミジロ雌かとも思いましたが、他の胸だけの写真を見るとブツブツがなく黄土色でした。

1609251016092511

オオルリ、キビタキは雌や幼鳥も多数来ていました。

1609251316092514

|

2016年9月23日 (金)

クロハラアジサシの群れ

淀川のクロハラアジサシです。
ノビタキが出ているというので久しぶりに河川敷に。土手からくまなく探すも見つかりません。ふと川の方を見ると白い鳥がたくさん飛んでいました。時期的に沼アジサシではと思い川辺に行くと、やはりクロハラアジサシでした。最初は10羽ほどが移動中なのかと思いましたが、上流に行くほど増えて対岸近くの半分水に浸かった木がコロニーのようになっていました。総数100羽ぐらいでしょうか。
クロハラアジサシは地元では稀にしか見れません。今までは単独でしか見たことがありませんでした。近くに住んでいる方の話しでは3日前からいるそうです。これだけいるとハシグロクロハラアジサシも混じっているかも。

16092211609222160923160822516092261609227160922816092291609225

|

2016年9月20日 (火)

大授搦のシギチ

今年も日本一のシギチの飛来地の大授搦(だいじゅがらみ)に行ってきました。
この3連休はあいにくの天候でしたが、潮高が6mと観察には絶好の日でした。ここには何度も来ていますが最高でも潮が柵の手前までで、いつもシギチが遠かった。今回はいつも歩いている場所も完全に水没してしまうので、シギチが避難するために右往左往する様子が見れました。

柵の上部まで海面が上昇。通常はこの柵のはるか前方に海岸線があります。下には降りれないので観察は堤防の上からになります。

16092011609202160920316092032

干潟が水没し行き場のなくなったシギチは、堤防の上や浮いた木くずの上へと飛び回ります。

160920416092051609206

2年連続で見られたヘラシギは今年はまだ見つかっていません。今年の珍し系は5羽のカラフトアオアシシギ。5羽いてもシギチの総数が多いので見つけるのは大変。

160920a1160920a2160920a3

キリアイは多数。大多数のハマシギの中にいても目立ちます。

160920k1_2160920k2160920k3

サルハマシギは難しく教えてもらわなければわかりませんでした。他に普通のアオアシシギ、ダイシャクシギなど。30種ほどいるそうですが数の多さにに圧倒されて1羽ずつ見ていく気力がなくなります。

160920s1160920s2160920s3

|

2016年9月17日 (土)

アカゲラ他

北摂の山のアカゲラなどです。
この夏アカゲラは北部の標高の高い山では多く見れましたが、近場の山ではアカゲラ、オオアカゲラともまったく見れませんでした。少し涼しくなってアカゲラも山を下りてきたようで、市街地に近い山でも見れるようになりました。アオゲラとちがって暑いのは苦手のようです。

160917116091721609173

夏鳥の数が減ってきて寂しくなってきました。夏場少なかったカケスも群れが見られるようになりました。他にアオゲラ、キビタキ、コサメビタキ。

16091741609175160917101609176160917716091711

鷹も少し渡りました。

1609171216091713_2

鎌のような翼に変な尾羽。これは何の鳥?

1609178_2

|

2016年9月15日 (木)

タシギ/タカブシギ他

田んぼのシギチなどです。
天候不順で鷹が渡りそうにないのでママチャリ圏内の田んぼを見て廻っています。
今季はジシギが多く見れましたが、9月になってもタシギが少ないように思います。例年のような群ではなく単独でぽつりぽつりと見られる程度。オオジシギやチュウジシギ並の希少さです。

160915116091521609153

タカブシギとクサシギ

16091541609155

こちらはタシギでないジシギ

16091561609157

ヒクイナとオナガガモ

16091581609159

|

2016年9月11日 (日)

鷹の渡りスタート

北摂の山のハチクマです。
鷹の渡りが始まっています。昨日は白樺峠でそこそこ飛んだので、最近見つけた鷹が見れそうな新ポイントに行って来ました。着くと同時に運良くカラスにモビングされたハチクマがこちらに飛んできました。そして目の前で旋回して少し離れた木の上に。ハチクマの止まりものを撮るのは久しぶりです。しかし警戒心が強くこちらの気配を感じてすぐに飛び出してしまいました。
ハチクマは繁殖期でも北摂の山で見ることは多いので、この個体は渡りではないのかもしれません。

1609111160911216091131609114_216091151609116

これは別場所のハチクマ

1609117

|

2016年9月 9日 (金)

ヨシゴイ/ジシギ

田んぼのヨシゴイなどです。
地元ではよくヨシ原に姿を現すヨシゴイですが、今回は初めて田んぼに。一時的かと思ったのに数日滞在しています。ジシギなども入る良い環境の田んぼですが、何を食べているんでしょうか。

160909116090921609093

ジシギは数カ所で。

160909416090961609095_2

タカブシギとクサシギ。

16090971609098

|

2016年9月 7日 (水)

セイタカシギ/タマシギの親子

休耕田のセイタカシギとタマシギです。
相変わらず目新しいシギチは入っていませんでした。
数日前から話を聞いていたセイタカシギにやっと遭遇。数年前は結構どこにでもいて興味が薄れていましたが、最近では久しぶりな感じです。

1609061_31609062_31609063_3

やっと見える場所に出てきたタマシギの親子。父親の深い愛情を感じます。渡るシギチの幼鳥はすでに南を目指して飛び立つ時期なのに、ここのタマシギの子はまだ幼い。

160906416090651609066

一方、オカンは違う場所でのんびりしていました。

1609067

|

2016年9月 4日 (日)

混群のヒガラ

北部の山のヒガラなどです。
今の時期のカラ類は混群で行動していることが多い。混群に出くわすと楽園のように鳥だらけなのに、去っていくと何もいなくなります。ここはヒガラが一番多く、エナガ、コガラ、シジュウカラ、コゲラにゴジュウカラやキバシリが混じることも。なのでヒガラの集団が来ても何か混じってないかチェックしてヒガラを撮ることは少ないのです。

この日は20羽ほどのヒガラが、羽音が聞こえるほど近くを何度も乱舞して楽しませてくれました。

1609031_21609032160903316090341609035

他にコサメビタキ幼鳥、コガラ、キビタキ、ミソサザイ

1609036160903716090381609039

|

2016年9月 2日 (金)

オオジシギ

田んぼのオオジシギなどです。
渡りのシギチを探して周辺の田んぼを見て回っていますが、新しい発見はありませんでした。今季は種類が少なくちょっと寂しい感じです。それでも地元の田んぼにはありがたいことに1か月以上に渡ってジシギが見られています。
オオジシギの調査が行われていますが、地元に立ち寄るオオジシギは何処から来て何処に行くのでしょうか。発信器を付けた個体が太平洋で消えているのが気になります。

ジシギの同定は難しいのですが、この個体は外側の尾羽が時々見えていたのでオオジシギとわかりました。

1609021_21609022160902316090241609025

他にタシギ、アオアシシギ、ムナグロ、ツバメとショドウツバメ

16090271609028160902916090210


 

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »