« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

ヒガラ幼鳥

北部の山のヒガラ幼鳥です。
ヒガラを中心とした混群に数回遭遇しました。メンバーはヒガラ、キバシリ、ゴジュウカラ、コガラ、コゲラ、エナガの留鳥達です。どれを撮ろうか迷いますがヒガラの多くは幼鳥で警戒心が薄く目線まで降りてきてくれるので、撮れたのはほとんどヒガラでした。成鳥はおじさん顔だけど幼鳥は可愛い顔をしています。

16063011606302160630316063041606306160630716063051606308

こちらは成鳥。大胆に蛾の羽をむしって食べていました。

1606309

|

2016年6月28日 (火)

ヤブサメ幼鳥

裏山のヤブサメです。
耳年齢というのがあって、年齢を重ねると多少個人差がありますが高音域が聴こえなくなります。ヤブサメのシシシ音は8000〜10000Hzで高齢者には聴きづらい音域です。
今季は林道を歩いていて全然ヤブサメの声を聴きいていませんでした。いないのか聴こえていないだけなのかがわかりませんが、姿は数回見ています。耳の良い方に聞くことあちこちで囀っていましたよというので、やはり聴こえなくなってしまったのでしょう。
センダイムシクイの囀る木の下で幼鳥がいないかと見ていると、ジッジッという地鳴きを発しながら薮の中を枝から枝へ飛び移っている鳥がいました。グチャグチャの中なのでとりあえずマニュアルで連射。後で見るとセンダイムシクイではなくヤブサメの幼鳥でした。やはり今季もヤブサメは近くで繁殖していました。

160628116062821606283

他にキビタキ幼鳥とクロツグミ?の幼鳥

16062841606285

|

2016年6月26日 (日)

オオルリ再始動

裏山のオオルリなどです。
今の時期は裏山の各地でオオルリの幼鳥を見ます。幼鳥達が親離れしたのか2番子に向けて巣材運びをしているメスのオオルリがいました。

1606261_2

威嚇のポーズのオスと幼鳥。

16062621606263_21606264_2

他にキビタキ、アオゲラ

16062651606266

|

2016年6月23日 (木)

ハヤブサの親子

隣市のハヤブサの親子です。
最近は都会に進出してるハヤブサが多いそうです。ここは都会というわけではないけれど自然からは程遠い町の中です。しかしドバトなど餌になるものはたくさんいるので子育てには困らないのでしょう。
今季3羽の子が生まれ、現在2羽が育っています。2羽の幼鳥が親の給餌を催促するように鳴いていました。

16062311606232160623316062341606235

|

2016年6月21日 (火)

サシバ雌

北部のサシバです。
ここのサシバ、2羽が同時に飛んでいることがあったので雌もいるはずなのに、なぜか撮れるのは雄ばかりでした。
いつもちらっと見て、いないとすぐに帰っていたのですが少し粘ってみました。待つこと2時間、やっと雌が飛んできました。雌の特徴は白い眉です。近くにとまった雄と鳴き交わしていました。

撮るたびに遠くなっている気がします。

16062121606212216062131606214

近くにいた雄。

1606215

|

2016年6月19日 (日)

雨の中のツバメ

今日は梅雨らしい雨。こんな日は鳥の動きはないだろうと思ったら、近所のツバメは激しい雨の中でもいつも通り。電線に止まってシャワーを浴びるように空を見上げていました。

1606191160619216061931606194

|

2016年6月17日 (金)

遠いサシバとハチクマのディスプレイ

北部のサシバとハチクマです。
北部のサシバを定期的に見に行ってますが、最近はあまり出会えていません。見れたとしても遠いのばかりです。ペアと思われる2羽で鳴き交わしていることもあったのですが繁殖しているのかは不明です。

1606171160617216061731606174

さらに遠いハチクマ。
北摂の山のどこかで繁殖しているのか今季もハチクマを続けて見ました。ハチクマの行動範囲は広く、市街地近くの公園まで出張している個体だと思います。こちらに向かって来ると思ったら方向転換。遠くなる後ろ姿を双眼鏡で見ているとディスプレイをはじめました。ディスプレイは翼を上に持ち上げぺったんこになったり、波状に飛んだり急降下したりします。
(↓GIFアニメです)

Hachidispley16061761606177

|

2016年6月14日 (火)

ブナ林のクロツグミ

北部のブナ林のクロツグミです。
新規開拓で北部のブナ林を歩いてきました。やはりここも鹿の食害で下草がなく登山道がどこかわからないほどスカスカでした。おそらく数年前まではコルリやクロジも囀っていたのでしょう。
多かったのが下草の関係ないクロツグミ、アカゲラです。特にクロツグミが小さな範囲に多数いるのが不思議でした。地元ではほとんど地べたでしか撮れないクロツグミ。ここでは美しいブナの木で囀る姿が見れました。

16061411606142160614316061441606145

幼鳥も複数確認できました。

16061461606147

カラ類が意外と少なく、キバシリが見れたのが収穫。

1606148

|

2016年6月12日 (日)

オオルリ幼鳥/カワガラス

裏山のオオルリとカワガラスです。
渓流沿いのオオルリは1番子が巣立ちの時期です。昨年は巣立ち寸前の子が続けざまにいなくなり心配しましたが、今季は順調のようです。

16061211606122160612316061241606125

ここは暗いのでカワガラスはほとんどブレブレ。

160612616061271606128

|

2016年6月10日 (金)

裏山のヒガラ

裏山のヒガラです。
地元でヒガラ、コガラ、コサメビタキなどが繁殖していないかと林道を歩いています。昨年は数カ所で見れたコサメビタキは今季は全然見れず。コガラは少し越境したところで巣を見つけたけれど地元では姿も見れず。どこかにいるのかもしれませんが、林道歩きではタイミングが悪いと何の出会いもない時の方が多いです。
ヒガラだけは数カ所で巣材運びをしているのを見ました。昨年のように幼鳥に出会えるでしょうか。

1606101

1606102

1606103

カケスもよく見ます。どこかで繁殖しているんでしょうね。

1606104

|

2016年6月 8日 (水)

繁殖地のコルリ雌

北部の山のコルリなどです。
繁殖地のコルリはほとんど藪の中なので姿はなかなか見られません。オスは囀りを頼りに探せることも稀にはあるけれど、メスは繁殖地では見たこともありませんでした。オスメス同数いると思うのですが、撮ったことがあるのはオスばかり。前回オスのコルリが撮れた場所でコサメビタキの幼鳥を撮影中に藪の中で動き回るメスを見つけました。
シャッターチャンスは一瞬。抜けた場所には出てくれませんでした。

1606081

可愛いコサメビタキの幼鳥が親の給餌を待っていました。

1606082

このところ少なかったゴジュウカラは、子育てが一段落したのか多かった。

1606083_216060851606084

ゴジュウカラが飛び回っていた時に、つられるように他の小鳥達も集まってきました。サンショウクイ、コガラも目の前に。

16060861606087

|

2016年6月 5日 (日)

今度は別場所でサシバ

北部の田んぼのサシバです。
前回とは直線距離で4km離れた場所で別個体のサシバに会えました。
ここでは4月下旬に鳴きながらパタパタと飛んでいるのを見ていたので、このあたりにもいるのではと時々見に来ていました。しかし猛禽ハンターのように粘ることができず、同じ場所にじっとしていられないので出会えるチャンスはほんの僅か。
今日は運良く到着してすぐに飛んでくれたので撮ることができました。

1606051160606216060531606054

|

2016年6月 3日 (金)

帰ってきたサシバ

北部の田んぼのサシバです。
昨年と同じ場所にサシバが帰ってきました。サシバの渡りは4月上旬から始まっているので時々確認に来ていたのですが、やっと出会えました。飛んでいないかと上ばかり見ていたら近くの柵の上にとまっていました。カエルを捕ろうと構えていたところを邪魔したようです。
とりあえず今年も定着して昨年見れなかった幼鳥を見せてほしいものです。

1606031160603216060341606033_2

ピックイ~とよく鳴いていました。

160603516060361606037

|

2016年6月 1日 (水)

ミソサザイ幼鳥

裏山のミソサザイです。
今季も地元の数カ所でミソサザイが繁殖しています。昨年は巣立ったばかりの幼鳥を1度見ただけでしたが、今季の幼鳥は何度も渓流沿いに降りてきてくれます。最近は成鳥と見分けつかないくらいに成長し、嘴の付け根の黄色い部分がなければ幼鳥とわからないくらいです。

160601116060121606013

オオルリかキビタキか悩ましい幼鳥。他にウグイスとシジュウカラ幼鳥。

16060141606015160016

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »