« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ツバメ/イワツバメ

ツバメは近所には1週間ほど前に到着。今では数も増えて、夜明けのにぎやかな囀りで目を覚ますようになりました。
このあたりの田んぼは、住宅地や公園に変わってツバメも減っています。以前は1軒ごとに営巣していたこともありましたが、結局我家には巣をかけることはありませんでした。フン害がいやでツバメよけをしているお宅を見ると、仲良くはなれないなと思います(笑)。

1603314160331216033111603313

ついでに近所の3カ所のイワツバメの営巣地も見てきました。こちらはすでにフル回転でしたが、飛びものは早過ぎて撮れず。河川敷でハイタカを撮っていてたまたまイワツバメが写ってました。

1603315

|

2016年3月29日 (火)

やっと巣立ったカワガラスの子

地元の川のカワガラスです。
昨年から2週間以上遅くなりましたが、カワガラスの子が巣立ちました。地元のこの川は観察できるポイントがほとんどなく、カワガラスがいても必ず見れるわけではないのですが、今季もタイミング良く幼鳥に出会えました。
好奇心が強いのか巣立ったばかりだというのにあっちこっち動きまわります。滝壺にもぐったり、激しい流れに物ともしないのはさすがカワガラスの子です。

1603291160329216032931603294160329516032967

一番流れが激しい場所を選んで水浴びを始めたのには驚きました。

160329

|

2016年3月27日 (日)

カラシナとコミミズク

コミミズクも終盤。昨年通りなら残りはあと1か月を切りました。このところすでに終わりを思わせるような状況の日が多く、日曜日というのにカメラマンは少なかった。でも今日はよく飛んでくれました。気がつけば枯れ草だけだったフィールドには緑や黄色いカラシナの花が。

日没後、下流の河川敷ではカラシナが群生する土手を1羽のコミミズクが飛び回っていました。最高のロケーションだったけれど飛びものは暗過ぎて写真にはなりませんでした。

1603271_21603272_2

いつもの場所のコミミもちょっと無理があるけどカラシナに絡んでくれました。

160327316032741603275

|

2016年3月24日 (木)

新規開拓でリュウキュウサンショウクイ

裏山のリュウキュウサンショウクイです。
好きなブログで北摂周辺のマイナーな林道を紹介しているのがあります。その中で自宅から一番近い林道は写真を見る限り鳥がいそうにない雰囲気だったのですが、新規開拓で行ってみることにしました。自転車で10分ほどの地図にないその道はほとんどが竹林でタケノコの収穫ための道のようです。歩いていくと竹林の中には鳥はおらず、照葉樹林でやっとカケスとソウシチョウの群に遭遇。探鳥地としては失格かなと思い引き返すと、目の前にRサンショウクイが。
Rサンショウクイに会うのは3回目ですが、全て違う場所です。北摂周辺にかなり入ってきているのかもしれません。前回もでしたが警戒心が薄く、エナガと一緒に行動していなければ簡単に撮影できます。近すぎて全身を入れるのに150mmで撮影しました。亜種サンショウクイではこんなことはないでしょう。
この林道は錯綜していて面白そうですが、もうしばらくするとタケノコの収穫が始まり、タケノコ泥棒に間違われるので冬場だけが良さそうです。

16032411603242160324316032441603245

竹林の廃木の中にミソサザイもいました。ここは標高が低すぎるのでそろそろ繁殖地に向かったほうがいいでしょう。

1603246

|

2016年3月22日 (火)

近所でクロジ3

近所で越冬中のクロジです。
クロジのまともな写真を撮りたいと何度も通っています。冬鳥が少しずつ減ってきていますが、ここのクロジはまだ全て残っているようです。写真はあいかわらず枯れ葉の上で採餌中のどこにいるのか分らない写真ばかり。

160323116032321603233160323416032351603236

ここのクロジ達の繁殖地はどこなのか気になります。繁殖地は中部以北の高山ですが、京都や兵庫のそれほど高くない山でも僅かに繁殖してるようです。下は昨年5月に京都の山でホーイチヨチヨと囀っていたクロジ。鹿の食害で笹の下草が年々減っているのが気になります。


これは鳥友が別場所で撮った雄なのか雌なのか悩ましい個体。

1603237

|

2016年3月20日 (日)

オカヨシガモ/チョウゲンボウ

河川敷のオカヨシガモとチョウゲンボウです。
最近は山側の探鳥ばかりで、河川敷を見れていません。じっくり探せば何かいるかもと思いながら、コミミ見学のついでにちょこっと撮るだけです。

右岸でのカモ撮影はいつも逆光でシルエットです。順光で撮れるのは夕方だけ。オカヨシガモはえんじ色の雨覆が渋く、地味だけどセンス良く大好きなカモです。

16032011603202

土手でよく見るチョウゲンボウ。この個体は餌取りがヘタらしく、いつまでもホバっいます。ペアで見られているので近くで繁殖するかも。

160320416032051603206

|

2016年3月18日 (金)

シメ/アナグマ/リス

裏山のシメとアナグマです。
冬も終わりになってシメをよく見るようになりました。裏山の小さな広場に朝方行くと4、5羽の小さな群れが朝日を浴びて暖をとるようにじっとしています。多数のイカルに混じって採餌しているときもあります。

160319116031921603193_2

ここは住宅地から近いのに野生豊かな場所です。テン、イノシシに続いてこんどはアナグマに遭遇。アナグマの存在に気づくのが遅く、突然近くに現れて驚きました。ズームのワイド端でかろうじて全身が入りましたが、暗くてブレブレでした。北部の山奥ではよく見るけれど、地元では初見でした。

1603194

ニホンリスはここの常連です。巣材のスギの樹皮を大量に運んでいました。

160319516031961603198

|

2016年3月16日 (水)

カヤクグリ/キセキレイ

裏山のカヤクグリです。
あと半月もすれば夏鳥がやってきます。ということはここでは冬鳥のカヤクグリともそろそろお別れ。地元で今年も越冬してくれたカヤクグリに会ってきました。
前回来た時は10羽ほど確認できましたが、この日は3羽のみ。カヤクグリは警戒心が薄いほうなんですが、ここの個体はそうでもない。見逃しただけなのか繁殖地に向かったのかはわかりません。来シーズンもまた来てください。

16031611603162160316316031641603165

最近キセキレイはどんな場所でも見ますが、やはり清流では映えます。

160316616031671603168

|

2016年3月13日 (日)

囀るミソサザイ

裏山のミソサザイです。
昨日は3時間待ってたった3枚しか撮れかったミソサザイ。まだ標高の低い越冬地に残っているのでどうかと思ったのですが、今朝は地元の繁殖地の方を見て来ました。
以前来た時は地鳴きを少し聞いただけで、静かなものでした。今朝は冷くまだだろうと思っていましたが、あちこちでけたたましい囀りが渓谷に響いていました。2月頃から囀り始め、5〜8月が繁殖期なので、とりあえず縄張りを確保しているのでしょう。
同じ場所でずっと囀りっぱなしなので、今日は思いっきりシャッターを押せました。

160313116031321603133160313416031351603136

|

2016年3月12日 (土)

ミソサザイ/カワアイサ

市内の山のミソザサイなどです。
今季は多く感じるミソサザイ。ウグイスとミソサザイの地鳴の違いがわかるようになって、存在に気づくことが多くなったからかもしれませんが、たいていの林道で見聞きしました。昨年夏は地元の山でも多数繁殖したせいもあるかもしれません。しかしその割にはほとんど暗い場所で動きが速いので写真が撮れてない。
ここのミソサザイは明るいからいい。でも1/1000秒だったのに、一瞬しかチャンスがなくて失敗でした。

1603121

カワアイサは淀川にもたくさんいるけれど、奥深い渓谷まで来るのは珍しい。

160312216031231603124

ここのトラツグミは愛想良し。いつもと違った雰囲気で撮れたけど枝被り。

1603125

ルリビタキも数を減らしてきてますが、ここにはまだ多く残ってました。

1603126

ウソはあいかわらず口の周りに食べかすをつけてます。

160312716031281603129

|

2016年3月10日 (木)

ウソは食事中

裏山のウソです。
今季はよくウソを見ますが、そのほとんどが食事中です。なので口のまわりが汚い(笑)。食べているものは木の実や種、そして最近は新芽と多岐にわたります。ソメイヨシノの芽が好きで害鳥あつかいされることもあるそうです。何でも食べる彼らを見ていると食べ物に不自由することはないと思えます。

160310116031021603103160310416031051603106

|

2016年3月 8日 (火)

育雛期のカワガラス

市内の川のカワガラスです。
山歩きの帰りにカワガラスを見てきました。1月に巣材運びをしているのを確認してから、時々進捗状況を見ていますがあまり出会ていませんでした。もしかしたら今季は子育てしていないのか、違う場所に移ったのではと思っていました。しかし今日は餌運びする姿が見れて、順調に子育てが進んでいることがわかり嬉しかった。昨年通りならあと1週間位で巣立つはずです。

16030116030216030831603084

周囲をイタチがうろつくのが気になります。どうか無事で…。

1603086

|

2016年3月 6日 (日)

近所でクロジ2

裏山のクロジです。
2週間前に近所で見つけたクロジの新ポイント。難易度が高くまともに撮らせてくれません。でもその難しさが楽しく、何度も通ううちにリュウキュウサンショウクイにも出会えたのだから何が幸いするかわかりません。
野鳥撮影を始めて最初に撮ったクロジはやはり暗い場所でシャッタースピード1/1。当然写真にはなりませんでした。当時に較べると高感度性能が格段に良くなったカメラのおかげで、手持ちでもそれらしい写真が撮れるのはありがたい。

16030611603063160306416036216030651603066

|

2016年3月 3日 (木)

今度は近所でリュウキュウサンショウクイ

裏山のリュウキュウサンショウクイです。
昨年末、隣市の山で撮ったリュウキュウサンショウクイに、今度は近所の山で出会えました。リュウキュウサンショウクイは今季は島本町から神戸市までの北摂の山の各地で記録されているそうです。隣市で撮った後も近くで囀りを聞いていてるし、市内の山にも再度現れているので、いつかまたチャンスはあると思い探していました。
先週シメの群れがいた林でウソを撮影中、なんとそのサンショウクイが飛んできました。今度は2羽で、エナガとは別行動でした。近場で観察されている2カ所の真ん中なので、ここでも可能性はあるとは思っていました。でもこの場所は最近までいつ行っても何もおらず、探鳥地としては失格と思っていた場所なので驚きました。
リュウキュウサンショウクイは勢力拡大中で、そのうち全然珍しくない鳥になるのかもしれません。

16030311603032160303316030341603035

|

2016年3月 1日 (火)

マヒワと朝陽

裏山のマヒワです。
このところ200羽ほどのマヒワが同じ場所で塒をとっています。早朝に行くとぺちゃくちゃと騒がしい。今日の予定はどうしようかみんなで喧々諤々しているみたい。時々何かのはずみでシーンとなった後、また騒ぎ出すのが先生の目を盗んでおしゃべりしている子ども達のようで面白い。
朝陽が当たりだすと一斉に飛び出します。でもやっぱりうっかり者がいて、近くで杉の実を食べたりせせらぎで水を飲んだりしていました。

16030121603011160301316030141603015

ここにはよく冷えた朝に行きます。原っぱに降りた霜が朝陽を浴びて虹色のイルミネーションのように輝きます。でもやっぱり見えている通りには写りません。

160301616030171603018

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »