« クロジかな? | トップページ | 目線に降りたマヒワ »

2016年2月 3日 (水)

ミヤマホオジロとか

市内の山のミヤマホオジロなどです。
北摂のひっそりとした林道を歩いた後で、キャンプ場のあるこの地元の山に来ると鳥密度の高さに驚きます。山の鳥はやはり早朝で、10時以降は鳥の気配が一気になくなります。でもここは昼から行っても大丈夫。木の実が多く、樹木のバランスもいいのでしょう。

人が多いからか都市公園のように警戒心が薄い個体も。ミヤマホオジロは数カ所で遭遇しましたが、この個体は人慣れしていてうっかり踏んでしまいそうに。

1602031

縄張りを主張しているんでしょうが、ルリビタキは撮れと言わんばかりに近寄ってきます。

16020321602033

数が増えてきたトラツグミ。上下のトラツグミはよく見たら別個体でした。頂上近くの個体は愛想良しです。

1602034

奥側の山に行くとシロハラだって撮るのはたいへん。でもここでは割と簡単に撮れます。

16020361602035

|

« クロジかな? | トップページ | 目線に降りたマヒワ »

野鳥」カテゴリの記事