« アカウソ/トラツグミ | トップページ | お山の三色 »

2015年12月27日 (日)

越冬リュウキュウサンショウクイ

北摂の山のリュウキュウサンショウクイです。
隣市の自然歩道で探鳥中にエナガを中心にした混群に遭遇。エナガを先頭にヒガラを含むカラ類そしてキクイタダキ、メジロ、コゲラ等の大所帯でした。どれもコチョコチョと動き回りどれを撮ろうかと考えるだけでまったくシャターを押せない。その中で動きが遅く撮れそうな白黒の鳥がいたのでとりあえず連射。後ろを向いていたその鳥が顔を上げた瞬間、サンショウクイとわかり驚きました。
サンショウクイには夏鳥の亜種サンショウクイと留鳥もしくは漂鳥の亜種リュウキュウサンショウクイがいます。冬期に見られるのはほぼリュウキュウサンショウクイで、近年勢力を拡大中です。2週間前にも地元の山で撮られていて話題になったところでした。
それにしても驚いたのがエナガと行動を共にしていたことです。夏鳥のサンショウクイではそんな行動を見たことがなかったので意外でした。しかしバードリサーチの報告書を見ればリュウキュウサンショウクイではそういう例はよくあるようです。今後エナちゃんの集団が来たら是非さがしてみてください。

151226115122621512263

多数のヒガラも混じっていました。目線に降りてくれたのはこの一瞬だけでした。

1512254

|

« アカウソ/トラツグミ | トップページ | お山の三色 »

野鳥」カテゴリの記事