« 鳥と木の実 | トップページ | 渡りのノスリ »

2015年10月19日 (月)

冬の使者

湖北のコハクチョウと地元のマガンです。
紅葉狩りの帰りに湖北の水鳥センターに寄ってきました。コハクチョウは10日前から飛来していて、ヒシクイやマガンも徐々に数が増しているようでした。着いたのが夕方で湖面がキラキラと光って美しいのですが、沖にいるコハクチョウ達の姿は逆光でシルエット。しばらくして、コォーコォーとどこか物悲しい声とともに群れが飛んで行きました。暖かい日でしたが、この風景は秋を通り越して冬を感じさせるものでした。

151019115101921510193

一方こちらは地元に飛来したマガン。湖北のつもりがオーバーランしたのか、もっと先に向かう途中なのか1羽でちょっと寂しそう。地元でマガンを見るのは4年振りです。昨冬にはヒシクイ、2年前にはコハクチョウも見れましたが地元では珍鳥です。

151019615101971510199

地元に以前飛来した(マガン→)(ヒシクイ→)(コハクチョウ)

11101522_315022611311091

|

« 鳥と木の実 | トップページ | 渡りのノスリ »

野鳥」カテゴリの記事