« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

ミヤマホオジロとハイタカ

冬鳥が続々と到着しています。
そろそろミヤマホオジロも来る頃と山に見に行くと、やはり来ていました。旅の疲れか動きが少なく、ここでは珍しくじっくり撮らせてくれました。しきりに上を見ていたので猛禽を気にして木の中に隠れていたのかもしれません。

1510311151031215103131510314

気にしていたのハイタカか? 今日は西進のノスリと東進のハイタカをよく見ました。ハイタカがブオンと音を立てて近くの枝にとまりました。

Haitaka1Haitaka2Haitaka3

他にカシラダカ10羽ほど、アトリ20羽ほどの群れ、ビンズイ3羽、シロハラ多数、アオジと冬鳥が揃ってきました。気温も上がらず冬の気配を感じました。

151031915103110

|

2015年10月30日 (金)

カラスザンショウの実には

裏山のメジロとキビタキです。
カラスザンショウの実はヒタキなどが好んで食べに来ます。しかしこの木は探せば結構あるようで、実が熟しているからといって鳥が必ず来る訳ではなさそう。
裏山のカラスザンショウの木は眼下にあるので鳥が来てくれたら撮りやすいのですが、数時間待っても来るのはメジロとキビタキ雌だけでした。

15103011510302151030315103041510305

ヒタキはキビタキ雌が2羽だけ。

151030615103071510308

|

2015年10月28日 (水)

アリスイとか河川敷の野鳥

アリスイなど河川敷の野鳥です。
訳あって最近の河川敷探鳥は下流側ばかりです。このところ旅鳥や冬鳥も見られているようですがなかなかいい出会いがありません。
アリスイは数カ所で出てますがこれも運次第。やっと見れても遠かったり被っていたりで思い通りの写真が撮れません。とはいっても河川敷は山に比べれば鳥密度は高く何か撮れますね。

1510281_21510282_21510283_41510284_315102851510286

1510287_41510288_2

151028k1_2151028k2_2

|

2015年10月26日 (月)

紅葉のお山で

今朝はぐっと冷え込みましたが、麓の山が紅葉するのはまだまだ先ですね。一足早く紅葉が見たくてイヌワシの山に行って来ました。今回は紅葉狩りがメインでしたので、イヌワシの出待ちは少しだけ。帰る寸前に遠くをちらっと飛んでくれました。

1510261_21510262151026315102622

|

2015年10月24日 (土)

そろそろ冬鳥

今季初認のアトリ、カシラダカ、ジョウビタキです。
夏鳥が去り、旅鳥も数を減らして、冬鳥がそろそろ見られるようになりました。年によって豊作不作のある冬鳥。今年はどうでしょうか。今日はシロハラ多数とルリビタキの地鳴きも聞けたけれど、まだぱっとしません。

15102411510242151024315102441510245

|

2015年10月22日 (木)

渡りのノスリ

裏山のノスリです。
鷹の渡りもそろそろ終盤。ノスリが続々と龍飛崎を渡り南下しています。例年通りならピークがこのあたりであるのではと期待して、裏山に登りました。
朝方に塒立ちと思われる1羽のノスリが帆翔しはじめました。すると知らぬ間にまわりからノスリが涌いてきて8羽の鷹柱に。規模は小さいけれどこのところ単発ばかりだったのでちょっと感動。

151021215102111510213

次は3羽が帆翔。ノスリばかりかと思ったら2羽はハヤブサでした。

1510214

| | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

冬の使者

湖北のコハクチョウと地元のマガンです。
紅葉狩りの帰りに湖北の水鳥センターに寄ってきました。コハクチョウは10日前から飛来していて、ヒシクイやマガンも徐々に数が増しているようでした。着いたのが夕方で湖面がキラキラと光って美しいのですが、沖にいるコハクチョウ達の姿は逆光でシルエット。しばらくして、コォーコォーとどこか物悲しい声とともに群れが飛んで行きました。暖かい日でしたが、この風景は秋を通り越して冬を感じさせるものでした。

151019115101921510193

一方こちらは地元に飛来したマガン。湖北のつもりがオーバーランしたのか、もっと先に向かう途中なのか1羽でちょっと寂しそう。地元でマガンを見るのは4年振りです。昨冬にはヒシクイ、2年前にはコハクチョウも見れましたが地元では珍鳥です。

151019615101971510199

地元に以前飛来した(マガン→)(ヒシクイ→)(コハクチョウ)

11101522_315022611311091

|

2015年10月17日 (土)

鳥と木の実

秋冬に鳥が食べそうな木の実を探しながら山を歩いてきました。
“自力で鳥を探す基本は「木を知ること」−樹木と木を知ればもっと「鳥が見えてくる」”
これは来月号のBIRDER誌からの引用です。常々この思いがあって樹木図鑑を購入。でもさっぱりわからない。野鳥図鑑にも使えないのがあるように樹木図鑑も分厚いだけで役に立たない物があるようです。

ヤマガラが頻繁に現れる場所にはエゴノキがありました。食料のない冬に備えて蓄えるために何度も往復しています。見ていると本当に働き者だと感心します。でもちゃんと隠した場所を覚えているのかな。

1510170

ヒタキ類が多く集まる場所には必ず木の実がありました。食べていたのはコシアブラ、アカメガシワ、クマノミズキ、モチノキ科の木、カラスザンショウ。だからといって木の実があれば鳥が来る訳でもありませんが、山に点在する木の実の場所を憶えておいて損はないでしょう。
ノブドウはきれいだけど、寄生虫によるものらしい。食べるのはヒヨドリとアトリ。

15101711510172_21510173

蛇にもよく遭遇しました。山では探鳥中でも足下も見ないといけません。ヤマカガシ、マムシ、シマヘビ幼蛇

151017h1151017h2151017h3

|

2015年10月15日 (木)

サメビタキ/ビンズイ

今年はサメビタキによく会えます。北部の山を歩いていると、またまたヒタキの多い場所が。今回は10羽ほどの中にエゾビタキが1羽のみであとはサメビタキばかり。こんなにたくさんのサメビタキを一度に見るのは初めてでした。

15101531510151_21510152_3

ビンズイは今季の初認。

1510154

山の稜線の木にとまっていた渡り途中のノビタキ。赤い実を食べるのかと思ったら、やはり食べていたのは青虫でした。他にコガラ、混群と一緒に行動していたムシクイ。

151015515101561510157

|

2015年10月13日 (火)

河川敷のアリスイと猛禽

地元河川敷のアリスイなどです。
毎年春秋には同じ場所に現れるアリスイ。別にアリスイが好むような環境でもないと思うのですが、この数年同じ木にとまります。同一個体が毎春秋に立ち寄っているのでしょうか。
この場所のアリスイは朝夕の数回しか出てこないので、撮影は難しい。この数日、毎日見てはいるのですが見つけると同時に飛ばれていました。

151013115101321510133315101334

渡ってきたばかりのハイタカとノスリが見れました。

151013515101361510137

|

2015年10月11日 (日)

クイナ/ヒクイナ

河川敷のクイナとヒクイナです。
警戒心の強いクイナとヒクイナ。特にここの個体は人慣れしていないので警戒心が強いように思います。しかしこの時期は食欲にまけて、カメラマンのいる水場にもひっきりなしに現れます。今季はクイナとヒクイナがそれぞれ2羽。しかし合計10羽以上いた年もあったので、今年は少ないといえます。

冬鳥のクイナはいつ頃ここに到着しているのでしょうか。毎年確実に見られています。2羽のクイナが喧嘩していました。

1510121_21510122_21510123_21510124_21510125_2

以前は夏鳥だったヒクイナも今では年中います。しかしゆっくり観察できるのは今だけ。

1510126_21510127_21510128_2

他によく来るキセキレイとカワセミ。初めて見たノビタキの水浴び。そして招かざる客のイタチ。

15101210_215101211_215101212_2 15101213

|

2015年10月 9日 (金)

河川敷のヨシゴイ

地元河川敷のヨシゴイです。
例年通り淀川本流からヨシ原に導水するためのポンプが止められました。導水路にはおびただしい小魚が水たまりに集まり、そこにクイナ類やカワセミ、そしてヨシゴイが毎年見られています。
しかし今年は少し異変が。魚が極端に少なくいつもの腐った魚のいやな臭いがしません。以前、河川の増水で一時的にポンプが止められ早々に魚が死滅したことがありました。その秋は魚は少なくヨシゴイも来ませんでした。今年も同じようにヨシゴイは来ていないのでは思っていたのですが、昨日いることがわかりました。
昨年は4羽いたヨシゴイですが、今のところ1羽だけ。数年前、9月初旬に見たことがあるので、この時を見計らって来ている訳ではないようです。しかし水はあっというまに干し上がり、ヨシゴイは次の餌場を求めて旅立たないといけません。

151009115100921510093151009415100951510096

こうやって見ると意外に小さいことがわかります。

1510097

|

2015年10月 7日 (水)

河川敷のノビタキ

地元河川敷のノビタキです。
久しぶりに河川敷に行ってみるとノビタキだらけでした。ここは数年前まではそれほどノビタキはいませんでした。葦やオギがほとんどだったのが外来種の進出で年々勢力図が変わって、ノビタキが好む環境ができたようです。

日本の侵略的外来種ワースト100のアレチウリ(荒れ地瓜)はこの2・3年で大きく勢力を拡大しています。倍々どころではないペースで増殖中で、来年はどうなってしまうのか心配です。白い花で一見柔らかそうな雰囲気のツル植物ですが、実には細かく鋭いトゲがあるので近づかない方がいいです。ただエノコログサのように朝日を浴びて白く輝く景色はきれいです。

1510071_215100721510073_215100741510075515100761510077151007815100710

|

2015年10月 5日 (月)

裏山の鷹の渡り

裏山で撮影した渡りの鷹です。
今年も渡りの鷹を見るために裏山に何度も登りましたが、数が少なくいいのが撮れませんでした。今年は北部側のルートが多いのかピーク時でもそれほど見れませんでした。それでも家から歩いて登れる山や自宅から鷹の渡りが見れるのはありがたいことです。

10月からの主役はノスリです。

1510051_3

30羽程のサシバの鷹柱が見れました。今年最後になりそうです。

1510052151005315100541510055

ツミとハチクマ。今年はまだハイタカが見れていません。

1510056151007

|

2015年10月 2日 (金)

渡るヒヨドリとカケス

裏山の公園のヒヨドリとカケスです。
ハチクマやサシバなどは大半が渡ったようで鷹の渡りも寂しくなってきました。この時期渡るのは鷹や夏鳥ばかりでなく、国内を移動するヒヨドリやカケスの集団も見られます。
北摂の山地を移動してきたヒヨドリは大阪平野に突き出た裏山で一度停滞して仲間が増えるのを待ちます。ある程度数が集まると、ヒヨドリ達は市街地に向かって飛び出します。しかし何度も躊躇して、行ったり戻ったり。見ていると10回ほど飛び出してやっと出て行く感じで、かなり臆病です。これは伊良湖岬などで見られるヒヨドリの渡りのミニ版といった感じです。結構数が多い時もあるのですが、なかなか迫力ある写真が撮れません。

1510021151002315100291510025_2

↓これは伊良湖岬で撮ったヒヨドリの渡り(→)。スケールが違います。


今年はまだカケスが少ないです。それでもちらほら見るようになりました。

15100261510027


|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »