« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

ウソとルリビタキ

このところ近郊のいくつかの山で探鳥しますが、ウソはどこでも観察されています。珍しくはない鳥なのに今季はまだまともに撮れていません。ほとんどが空抜けシルエットか枝被りばかり。今日2箇所で出会ったウソもいい感じには撮らせてくれませんでした。

150130315013011501302

ルリビタキも今季は多いように思います。きれいな雄を発見と思ったらガシャガシャの中。一方、たくさん見る雌タイプは愛想いいのでした。

15013041501305

今日のクロジは近かったのにまともに撮れませんでした。

150130661501307

|

2015年1月28日 (水)

クロジの雌と雄

裏山のクロジです。
まだ雌がしっかり撮れなかったので再挑戦しました。雌はアオジと良く似ているので見過ごしているのかもしれませんが、今日はなぜか雄ばかりが目につきます。あきらめかけた頃やっと雌が登場。あいかわらず暗くISO4000でもSS1/30〜50なので手持ちでは限界でした。それでも昔同じような暗闇で撮ったクロジが悲惨なブレブレだったことを思えば機材の進化はありがたいと思います。

1501271

1501272

1501273

1504274

1501275

1501276

1501277

1501278

|

2015年1月25日 (日)

クロジ/アオジ

裏山のクロジとアオジです。
クロジは割と出会いの少ない鳥です。近場で見られるというので行ってきましたが、クロジのポイントにありがちな小細工が当然ここにはないので、なかなか見ることもできませんでした。3回目にしてやっと真っ暗な中での出会い。ISO4000なんて初めて使いました。

150124115012421501243

後ろにクロジ雄がいたのでクロジだと思うのですが、クロジ雄若なのかクロジ雌かまたはアオジなのか悩ましい個体。

1501244

こちらはアオジ。

15012451501246

|

2015年1月23日 (金)

裏山のカヤクグリ

裏山のカヤクグリです。
地元ではまだ出会いのないカヤクグリを探して裏山を歩いてきました。ここなら可能性がありそうと思っていた3箇所で思惑通りに見つけることができました。しかし思惑通りでなかったのが、2箇所で遠くからすぐに飛ばれてしまったこと。イワヒバリのように警戒心が薄いと思っていたのに意外でした。
1箇所の2羽はずっと同じ場所から離れませんでしたが、薮の中をウロウロしていて抜けた場所に出てくれません。でもカヤクグリのネーミングからするとこのゴチャゴチャも仕方がありませんね。

150122115012221501223

|

2015年1月21日 (水)

1か月目のコミミズク

予想に反して初認から1カ月以上たってもまだコミミは多数飛んでいます。カメラマンもまだたくさん。昨日は平日にも関わらず400人近くが来ていました。しかし日が長くなった分、出現時間が遅くなる傾向があるので、なるべく公共交通機関で来られたほうがゆっくり楽しめますよ。けっして近隣住民に迷惑をかけないようお願いします。

150121115012021501203_2

上と下は某掲示板で物議のやらせ棒。その進化型バージョン。
情熱の使い方、間違えてると思います(笑)。

1501204_2


|

2015年1月19日 (月)

カラフトワシ

20年続けて飛来していた川内市のカラフトワシが見られなくなってから、もうカラフトワシには出会えないと思っていました。しかし新聞報道によれば今季は2箇所で確認されているようです。さっそく近場の方のカラフトワシを見てきました。
飛来している場所は何度かハイイロチュウヒ目当てで来たことがあるのですが、なんといっても立ち入ることのできない広大な敷地なので、鳥までが遠くいつもウォッチングだけになっていました。今回のカラフトワシは大型の猛禽なのに、肉眼で見えている時は近いと感じるほどいつも遠く、双眼鏡とスコープが手放せませんでした。カメラマンは分散して待機していて、近くで撮れる撮れないは運だのみです。

15011911501199

1501201

15011941501196_2

下は2012年2月撮影の薩摩川内市の今はもういないカラフトワシ。たいていのカメラマンがボロボロで汚いというけれど、このズタボロな姿に魂が揺さぶられる私はやっぱり天の邪鬼なんでしょうか。

1202271_212022751202276

|

2015年1月16日 (金)

前座の猛禽たち

コミミズクポイントの猛禽たちです。
日によって出が良かったり悪かったりのコミミズク。だいたい3時以降が本番でそれまで前座をつとめてくれる猛禽がノスリ、チョウゲンボウ、ハイチュウ。そして今日はハヤブサも登場。しかしフィールドが広いだけに被写体まで遠いのが難点。すべて超絶トリミングです。

15011611501162150115315011641501166

おまけのイソヒヨドリ。これは近かった。

1501157

|

2015年1月14日 (水)

雪のお山で

麓は晴れなのに少し高い山に登ると銀世界ということがあります。そんな時のために今季はスタッドレスを新調。少しの雪ならシメシメと思ってしまいます。安心料とはいえシーズン中に一度も雪に遭遇しなければもったいないですからね。
今年になって続けざまに雪に遭遇。一面の雪景色で野ウサギの足跡が点々とついているだけの道を歩くのは本当に気持ちいい。あとは鳥が雪に絡んでくれたら最高なんですが、鳥も寒いのは嫌いなようで陽が差して雪が溶け出した頃にやっと活発に。

1501151150115215011531501154150115515011561501157

雪を食べるアトリとマヒワ

15011581501159_2

柿アオゲラ 〔Photo by F.N〕

D71_7169

|

2015年1月12日 (月)

ホバリングするノスリ

コミミが多いとノスリが希少に思えるから不思議。普段遠くのノスリは撮る気がしませんがホバリングしていたのでシャッター押したら思ったより解像していました。ほとんどピクセル等倍に近い大トリミングです。

15011211501122150112315011241501125

ホバリングするノスリといえば思い出すのが数年前に撮ったケアシノスリ。近くで長時間ホバリングしていたのに画像はイマイチ。

1501126

|

2015年1月10日 (土)

公園で

ハイチュウを追いかけて対岸まで来たついでに公園まで足を伸ばしてきました。以前はよく来ていた公園ですが最近は年に数回。都市公園は野趣がないのでちょっと敬遠気味だったけど色々鳥がいて楽しめました。

1501101150110215011041501105150110615011071501108150119_21501101015011011

|

2015年1月 8日 (木)

コミミ祭り

野鳥カメラマンのコミミ好きはわかっていたので大変なことになるとは思っていました。ブログに出してから3日目には300人オーバーに。これほどの数の野鳥カメラマンを一度に見るのは初めてです。そしてリピート率の高さにも驚きます。だから全然カメラマンが減らないのです。
コミミも当初は3羽もいるとブログに出したものの翌日には4羽に、そして現在は少なくとも10羽はいるといわれています。このお祭り騒ぎがいつまで続くかはこのネズミの数次第でしょう。

1501181

続きを読む "コミミ祭り"

|

2015年1月 5日 (月)

今季初見のマヒワ

年によって多かったり少なかったりする冬鳥。2年前は大群が各地で見られたマヒワも、今季は少なくやっとの出会いです。20羽程がヤシャブシに群がっていました。

15010511501052150105315010541501055

|

2015年1月 3日 (土)

アオシギ

正月休みと雪で交通量が少ないだろうと思い久しぶりにアオシギを見てきました。前回はすんなりと見つけられたアオシギですが、今回は難航。諦めかけた時にゴチャゴチャの中でじっとしているのを発見。我ながらよく見つけたと感心しました。しばらく見ていると例のダンスが始まり少し抜けのよい場所に出てくれなんとか撮ることができました。
あまり長居したい場所ではないので同じような写真だけで撤収しました。

150103115010321501033

|

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

1501011

本年もよろしくお願いします

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »