« 逆光のノビタキ | トップページ | 紅葉のミヤマホオジロ »

2014年11月 1日 (土)

ノスリの鷹柱

先週の高槻萩谷のノスリです。
白樺峠689羽の記録の翌日、ノスリの鷹柱を期待して萩谷に行ってきました。ここでは多くの鷹がカウントされていますが、現地の方が自虐的に米粒と言われるように鷹まで遠いのでカメラマンには不評です。ただ、鷹の渡りの醍醐味のひとつの鷹柱を見るのならアリです。
この日の朝は塒立ちのノスリが次々とあらわれ上昇気流がある場所に集まり、鷹柱を作っていました。鷹には気流の流れが見えているのか、同じ場所に向かって飛んでいきます。大規模な鷹柱はありませんでしたが、次々とできる鷹柱に歓声があがりました。しかし午後からの大波はなく、この日は327羽と上流の猪子・岩間ほどには延びませんでした。
ここで観察されている方は皆さん本当に明るく仲がいい。観察スキルの高さにはついていけなくて、実は半分ぐらい分かっていませんでした。種類の判別をもっと勉強しないと。それにしてもここのスワロフスキー率の高さにはびっくり。私のもスワロですが、COMPANIONはカメラのお供にならいいのだけどここでは役不足。もっといいのが欲しくなってしまいそう。
最後の2枚は地元河川敷に到着した2羽のノスリ。

141101114110121411013

14110161411015

|

« 逆光のノビタキ | トップページ | 紅葉のミヤマホオジロ »

野鳥」カテゴリの記事