« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

エリマキシギ

今週の休耕田のシギチは、種類はともかく数は増えていました。年々休耕田の様子が変わっていて、以前にぎわっていた場所が寂れたりなくなったりする一方、“こんな休耕田あったっけ?”という場所も。
今日はいつもと違う道を走行中に初めての休耕田を見つけました。ここは穴場なのかエリマキシギ、セイタカシギ、アオアシシギ、タカブシギがいるにも関わらずギャラリーはゼロ。人気のスポットと違い、遮るものもなく割と近くで撮れてラッキーでした。

14083111408312140831314083141408316_2

続きを読む "エリマキシギ"

|

2014年8月29日 (金)

コシアカツバメ/ショウドウツバメ

河川敷のコシアカツバメとショウドウツバメです。
河川敷で見られるツバメ類はツバメ、イワツバメ、コシアカツバメとショウドウツバメの4種です。イワツバメは暑がりなのか8月には姿を消します。おそらく高原に避暑に行っていると思われます。今の時期はツバメよりワンテンポ遅いコシアカツバメがよく見られます。それほど遠くない場所で営巣しているのですが、河川敷に姿を見せるのは子育てが終った今の時期が多いようです。
川面で餌とりしているコシアカツバメの中にショウドウツバメも混じっていました(最後)。9月になるとこの辺りでもショウドウツバメは姿を見せているのですが、割と見過ごされているようです。

14082911408292140829314082941408295

|

2014年8月27日 (水)

モズの高鳴き

今朝は涼しく気持ちの良い青空。田んぼに出てみると、“キキキキーッ”と今季初認のモズの高鳴き。まだ暑さは続くけれど、秋はそこまで来ていると実感しました。
今年の夏の探鳥はほとんど涼しい山ばかりだったし、自転車トレーニングは雨に降られることが多く、例年のようなうんざりする暑さを感じたことがありませんでした。そうこうしているうちに裏山の夏鳥達は去っていき、なんとなく寂しさを感じます。しかし一週間もすると鷹の渡りが始ります。秋は秋で楽しみがありますね。

140827114082721408273

|

2014年8月25日 (月)

タマシギのディスプレイ

3面の休耕田にタマシギの雌がそれぞれ1羽ずつで3羽、そして雄は1羽だけいました。一妻多夫のタマシギからすれば、比率が逆のような気がします。だから危機感を持ったかどうかわかりませんが、1羽の雌が雄の前でさかんにディスプレイしていました。
タマシギのディスプレイは翼を真上でまで持ち上げます。そういえばハチクマも飛びながらこんな感じになりますが、タマシギの場合は翼を広げてから上げるという感じではなく、ほとんど万歳のようにスパッと上げるので、いつ見ても奇妙な感じがします。ラジオ体操第1を連想するのは私だけでしょうか。

14082511408252140825314082541408255

|

2014年8月22日 (金)

ヒバリシギ

休耕田のヒバリシギです。
そろそろ何か入っているだろうと休耕田を見て来ましたが、ヒバリシギ2とタマシギ4のみ。粘らないのが身上なので、見逃しているだけかもしれませんが。ヒバリシギは好きなシギですが、小さいので遠いとどうしようもないです。諦めて帰ろうとしたら近くに飛んできてくれました。
ヒバリシギは以前河川敷の池にも来たことがあります。今は台風後から水位が高いので春のようにシギチを楽しめないのがつらいところです。

140822114082221408223140822414082251408226

続きを読む "ヒバリシギ"

|

2014年8月20日 (水)

川の流れのようなツバメの塒入り

河川敷のツバメのねぐら入りです。
台風で2日間ねぐらにしている葦原が完全に水没しました。その時は近くにねぐらをとったようですが、水位が下がるとすぐに元のねぐらに戻りました。葦は泥を被り見るからに汚いのに、なぜかこの場所がお気に入りのようです。ここは目線より下にあるので、ツバメが集団で飛び回りねぐらに降りて葦にとまる様子が見えます。
日没と同時に各地から集まってきたツバメは修学旅行の子供のようにすぐには寝床に入らず、葦の上を川の流れのように飛び回ります。少しずつねぐらに入りながら数を減らして行き、最後まで飛んでいたグループがスポンと一斉にねぐらに入った時には、もう真っ暗です。

14081911408192

|

2014年8月18日 (月)

セッカ/オオジシギ

河川敷のセッカです。
古傷を痛めてしばらく家で休養していたのだけれど、体がなまって仕方ないので市内の田んぼと河川敷を見てきました。タカブシギは抜けて撮れたのはセッカだけでした。
オオジシギは先週のものです。私の写真では同定は無理ですが、この個体は大人気で50人以上は撮っているはず。尾羽を開いた写真もいくつかブログに出ていて、オオジシギと確認できました。8月下旬になるとチュウジシギやタシギも入り、いよいよ解らなくなります。

1408201140820214082031408204_2140819114081921408193

|

2014年8月14日 (木)

午睡中のカワガラス

台風前の裏山のカワガラスです。
小さな滝の下でカワガラスの若鳥が昼寝していました。ここは下界より気温が5℃程低いうえに渓流沿いはヒンヤリとした風が心地いいので、私も昼寝したい気持ちになりました。カワガラスは10分ほどうとうとした後、背伸びしてから餌探しに。穏やかな清流で泳いだり潜ったり。本当に気持ち良さそう。
今回の台風は鳥達にとっても試練だったでしょう。このカワガラスも無事にいてくれることを祈ります。

14081311408132140813314081341408135

|

2014年8月11日 (月)

サンコウチョウ

台風前の裏山のサンコウチョウです。
先月から気になっていた首のまわりの羽が薄いサンコウチョウ。ユーモラスで可愛いのですが、ちょっと気の毒。そのうち生えてくるだろうと思っていたのですが、全然変わっていません。暑い夏には涼しそうですが、昨日の台風…大丈夫だったでしょうか。他にいつもお腹しか見せてくれない幼鳥。8月になるとサンコウチョウにもたまにしか会えません。

1408122_31408121_21408123140812414081261408125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

台風後のツバメの塒入り

今日はスマホの緊急速報メールが頻繁に鳴って、台風の緊迫感を盛り上げましたが、家の中にいるとそれほどでもなかったような気がします。ただ裏山や河川敷の鳥達がどうやってこの台風をやり過ごしているのか気になってはいました。淀川は5m以上水位が上がり、昨日からツバメが塒にしている葦原は完全に水没していました。ツバメ達がどうするのか気になって夕方見に行ってきました。
小雨の降る中、夜7時前からいつも通りツバメ達は集まり始めました。数もいつもと変わらずすごい数です。15分程集団で飛び回った後、目を離しているうちに塒に入ったようです。暗くて場所が特定できなかったのが残念。ここも昨年の水害並の水位まで上がれば浸かってしまうのですが、幸い水位は夜10時から下がり始めたようです。(写真はまだツバメの少ない時間帯にスマホで撮ったものです)

14081111408112

|

2014年8月 8日 (金)

カラ類の混群

裏山のキバシリなどです。
8月に入り鳥の気配がますます少なくなってきました。子育てが終わりこれからは留鳥の混群での出会いが多くなります。ここの混群はシジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、コゲラがメインでいつもは見るだけでしたが、最近はキバシリが混じることがあるので楽しみです。この日は1羽だけ混じっていて、他の鳥さんには申し訳ありませんがキバシリ優先で撮りました。
それぞれ違うものを食べ、行動も違う鳥達が一緒に行動するのは見ていて変な感じがします。1羽だけ遅れている鳥がいると思ったらキビタキでした。たまたま居合わせただけのようです。夏鳥は仲間外れなのかなと思って調べたらセンダイムシクイも混じることがあるそうです。

1408082140808114080831408084140808514080861408087

|

2014年8月 6日 (水)

センダイムシクイ

裏山のセンダイムシクイです。
4月からずっと同じ場所で囀っているセンダイムシクイ。声はすれども姿は見えずでいつも通り過ぎるだけでしたが、高い木の上に姿が少しだけ見えました。囀っているほうではないので雌ということになるんでしょうか。まだ夏はこれからが本番ですが、渡りの早いセンダイムシクイの気持ちはもう東南アジアに向いているのかもしれないですね。
オマケはカラスアゲハ。

14080611408062140806314080641408065

|

2014年8月 4日 (月)

クサシギとイソシギ

シギチの渡りもそろそろ始っているようなので、休耕田を見てきました。
タイミングが悪いのもしれませんが、これといった成果はなくまだこれからといった感じ。見れたのは複数のクサシギとイソシギ、コチドリ多数だけ。昨年のように盛り上がることなくフェードアウトする可能性もありそう…。
よく似たクサシギとイソシギ。特徴的なイソシギの切れ込みがなかったら識別は難しいでしょうね。識別が難しいといえばイソシギの幼鳥です。留鳥で地元でも繁殖記録はあるのですが、いかにも幼鳥というのを見たことがありません。成長した幼鳥の識別は難易度高くて結局わかりませんでした。

1408041140804214080431408045

|

2014年8月 1日 (金)

クロツグミ

裏山のクロツグミです。
夏鳥の囀りがなくなりすっかり寂しくなった裏山ですが、なぜかクロツグミだけはまだ数カ所で囀っています。幼鳥にも何度か出会えたし、今季ほどクロツグミを身近に感じたことはありません。しかし考えてみるとまともな写真が撮れてません。ここはフィールドが広く出会いが少ないので、渡りの公園の方が簡単に撮れそうです。
この日は朝からクロツグミだけを目的によく囀りが聴かれる場所に直行。なんと予定通りクロツグミが降りてきてくれました。思い通りになることなどほとんどないので、ちょっとびっくり。後は暗所性能の良いカメラと腕があればいいのですが…。
別場所で雌にも会えました。

14080111114080121408013140801414080151408016

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »