« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

イソヒヨドリ

1週間ほど石垣島と宮古島に行ってきました。期間中は天気に恵まれませんでしたが、鳥友さん達とワイワイガヤガヤと楽しんできました。(写真は後日)
大阪に帰るとこちらも雨なので、在庫から近所のイソヒヨドリです。
河川敷に行くまでに2つがいのイソヒヨドリがいます。抱卵していたのかこのところ姿を見ませんでした。今日、雨の中散歩していて木の下に落ちた虫を拾い集めるイソヒヨドリを見ました。時期的に卵が孵るころなので、今年も順調に子育てしているようです。イソヒヨドリといえば天然の海岸以外では、自然の中で見たことがありません。人の営みを利用しているのか、いつも人工物どまりです。なのでこんな人の生活の中の風景が自然といえるかもしれません。
2年連続で見ることができた幼鳥に今年も会えるでしょうか。(→過去の幼鳥)

14042911404292140429314042941404295

|

2014年4月28日 (月)

コマドリの囀り

地元の渓谷のコマドリです。
前回のムービーは古いコンデジで画質が良くなかったので、今回はハイビジョン対応のコンデジで再挑戦しました。ここは他のカメラマンのシャッター音が入らないので、いい囀りが録れたらいいのですが、背景の良くないところばかりで囀って期待通りにはいきませんでした。コマドリの囀りのシャワーには魅了されますが、日本三鳴鳥というほどではないような。ここは渡りの立ち寄りなので声量は抑え目な感じですね。

140426114042621404263

|

2014年4月26日 (土)

コムクドリ他、河畔の木の鳥

地元の河川敷には元々河畔林というほどの木がないのに、伐採や水害で木は少なくなる一方です。そのわずかに残っている木にコムクドリが来ていました。コムクドリといえば下流か対岸ではよく見られるのですが、ここで見るのは久しぶりです。普段見られないところで見られると得した気分になります。このときはセンダイムシクイ、ノゴマ、アオジの囀りが響いて気持ちのいい朝でした。
アオジは春先にはここに集結しているのではと思うほど多く、数百羽単位でいると思います。1ヵ月ほど前から小さな声のグゼリが聴かれ、その日は繁殖地と同じように囀っていました。そろそろかなと思ったら翌日にはほとんどが姿を消していました。毎年少しずつ去っていくのではなくある日突然、数羽を残していなくなるので、もっとちゃんと撮っておけば良かったと後悔します。

140426114042621404263140426414042661404265

|

2014年4月24日 (木)

タカブシギ他、河川敷の水辺の鳥

河川敷の池と河原の鳥です。
河川敷の池にタカブシギが3羽入りました。この池で見るのは初めてです。池そのものが出来てそれ程たっていないので、確認種が少しづつ増えています。ここ数年この時期になるとタシギが多数入ります。シギがシギを呼ぶのか、1日目は2羽だったタカブシギが次の日には3羽に。この調子で増えていってほしいものです。
河原には多数のコチドリが来ています。子供が飛べるようになるまで、今の水位のままならいいのですが。コチドリと喧嘩をはじめたのは、背が高くアイリングが細いイカルチドリでした。他に胸が赤くなってきたタヒバリ、タシギとクイナは警戒心が強く遠くから見るだけです。

1404231140423214042331404234114042342140423431404235140423614042381404239

|

2014年4月21日 (月)

コマドリ

近場のコマドリです。
山の夏鳥はこれからいくらでも撮れるので、後まわしにして河川敷ばかり見ていました。ただコマドリは高山に行かないと見れないので、渡りの時期に見ておいた方が良さそう。でもわざわざお城や箕面まで遠征する気にもなれません。鳥友さんの情報で近場の渓流にも来ているそうなので見に行ってきました。
このあたりは野鳥のMFではなく自転車のMFといえる場所で、野鳥の囀りを聴きながらロードバイクでヒルクライムの練習をしている所です。自転車では入れない渓流の奥深くまで行くと、コマドリの囀りを聴くことができました。この日は雨が降り出しそうな暗い日で写真はガサガサですが、楽しい撮影になりました。
しかし、一人でコマドリの水浴びのムービーを撮っているときに女性に見つかってしまいました。隣でおしゃべりを続けるので、気が散って後半からピントがあってません。

1404211140421214042131404214140421514042161404217

|

2014年4月19日 (土)

オオヨシキリ他

河川敷のオオヨシキリなどです。
今年のオオヨシキリの初認は4月13日で昨年より4日早めでした。到着したばかりの頃は声ばかりで姿を見せてくれませんでしたが、このところ個体数も増えて縄張りを主張するようになってからは上に出てくることが多くなりました。
アリスイはまだいましたが、相変わらずいい所にとまってくれません。今季は個体数の多かったノビタキも今日はメスを1羽見ただけです。最後は田んぼのケリの親子です。

1404191_21409192140419314041941404195140419614041971404198_2

|

2014年4月16日 (水)

河川敷のノゴマ

河川敷のノゴマです。
渡り途中のノゴマは都市公園ではよく見られています。生息環境を考えれば河川敷にも多数入っているはずです。しかし秋の渡りでは河川敷での観察はあるのですが、春は今回が初めてでした。ノゴマの渡りは少し遅めなのですが、ここでは先週から見られています。今回は違う場所の個体で、囀っていたのですぐにノゴマと解りました。しかしこちらに気付いてすぐに枯れ草の中に。都市公園なら待てば出てくるでしょうが、ここではまず無理でしょうね。
最後は今日のセッカと昨年秋のノゴマの囀りです。

140416114041621404163

|

2014年4月14日 (月)

カラシナのセッカ

河川敷のセッカ、ホオジロ、ノビタキ、カワラヒワです。
河川敷では春になるとカラシナ、タンポポ、ノウルシの黄色い花で覆われます。以前はカラシナは土手だけだったのが、今は所構わずどこにでも生えていてちょっと心配なくらい。今ここで黄色を入れずに撮るほうが難しい(笑)。どうせならとカラシナ絡みで色々撮ってみました。

1404141140414214041431404144140414514041461404147

|

2014年4月12日 (土)

河川敷のアリスイ他

河川敷のアリスイ、ホオアカ、ノビタキです。
この冬このあたりでは見られなかったアリスイとホオアカが、渡りの途中なのか見ることができました。ノビタキは毎日見られますが、定着せず毎日入れ替わっているようです。見られる場所も毎日違って広範囲になっています。カラシナではなくここの名物のノウルシ絡みで撮りたいのですが、遠過ぎてピントがあいません。

140412114041221404123140412414041251404126514041271404128140412914041292140412931404129414041210

|

2014年4月11日 (金)

キビタキ

山の夏鳥を見に行ってきました。
コマドリは見られずオオルリは高い所ばかりで、愛想良かったのはこのキビタキだけでした。このところ地元の一人だけの探鳥が多いので、カメラマンの多さに圧倒されました。

14041011404102140410314041041404105

続きを読む "キビタキ"

|

2014年4月 8日 (火)

ノビタキ

河川敷のノビタキです。
寒気が去り、春らしくなって一気にノビタキが入ってきました。ここには先週すでに第一弾が来たらしいのですが、個人的には昨日が今季の初認です。遅かった昨年より3日早いのですがやっとという感じです。今日は朝から見に行くと雄3羽と雌2羽が出迎えてくれました。春のノビタキはあっという間に去ってしまいます。夕方まで粘りましたが暖かくなるとメラメラで思うようにはいきませんね。

1404081_21404082_3140403_31404084_21404085_51404086_21404087_2140408914040892

|

2014年4月 5日 (土)

春の河川敷

そろそろノビタキでもと探しているのですが、タイミングが合わず会えていません。第2、3陣に期待です。河川敷ではここの名物のノウルシの花が見ごろです。今はカラシナもあるので、どこを撮っても黄色ばかりです。ノウルシ絡みで鳥が撮れないか探していると、足元に無数のツクシが。そういえばスギナ(土筆)はそこらじゅうに群生しています。スギナの原っぱには春にジシギが入るので、その場所に行って見てみると異常なほどの密度で群生していました。ずっと葦の切り株だとばかり思って見過ごしていました。
写真はツクシ絡みのツグミ、ノウルシを隠れ家にするキジ、最近囀りが聴かれるアオジ。

140405114040521404053_2140405414040551404056

|

2014年4月 1日 (火)

裏山のアオゲラ

このところ家から歩いて行ける裏山のアオゲラとカケスを見に行っています。せっかく近くにいるのだから撮っておこうと思うのですが思い通りにいきません。ここのアオゲラはいつも後ろから朝日のあたる真逆光の位置にとまります。なので何度撮ってもシルエットばかり。いいのが撮れるまで頑張るつもりでしたが諦めました。他に毎年同じ木をねぐらにしているシメ、まだ7羽いたマミチャジナイとルリビタキ雌タイプ。

14040111404012140401314040141404015

| | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »