« ジョウビタキ/ノビタキ | トップページ | ノゴマのさえずり »

2013年10月30日 (水)

ハイイロチュウヒ/ノゴマ

地元河川敷のハイイロチュウヒとノゴマです。
今日もノビタキが多く、双眼鏡で右から左へカウントしながら見ていると、やや大型のツグミのような後ろ姿が。もしや昨年の同時期に来たノゴマではと期待しながら見ていると、振り返って赤いのどを見せてくれました。手持ちの一眼でとりあえず証拠を押さえたものの遠すぎでした。被写体が小さいのでなかなかピントが合わない。デジスコならとスコープをセットしたけれど、その後出てくれません。
少し待っていると突然左側から猛禽が湧き上がってきて、目の前をゆっくり滑空していきました。今季初のハイイロチュウヒの雌でした。絶好のシャッターチャンス! しかし一眼をスコープのかわりに自転車に置いてきていたのでした。カラスのモビングもあって、とりあえず遠くの葦の中に降りるまえに数枚だけは撮れました。昨日はコミミの現場に着いたら30分前に飛ばしちゃったと言われるし、ちぐはぐ続きです。
春の調査でこのあたりにはネズミが多くいることがわかりました。しかし台風による水没で小型の哺乳類は壊滅だと思います。今季コミミやトラフは来てくれるのでしょうか。

13103081310302_21310301_2131030913103033131030413103051310306

|

« ジョウビタキ/ノビタキ | トップページ | ノゴマのさえずり »

野鳥」カテゴリの記事