« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

ソリハシセイタカシギ

アボセットはちょっと前までは憧れの鳥で、いつか会いたいと願っていました。今年は2回目で、他にも何カ所か出ているので感激は薄れていますが魅力的な鳥であることに違いはありません。それにしても心配なくらい細いくちばしですね。泳いだり潜ったりするのは予想外でした。
→(Movie)

1212301121230212123033121230412123055121230661212307712123088

1212311_212123010

|

2012年12月28日 (金)

マガン他

マガンのフィールドの鳥達です。
ここは4回目ですが、鳥が濃くてマガンを見るだけでも楽しい場所です。今年はよそではメインになりそうな鳥がいっぱいです。しかし今回は撮りこぼしが多く、特に小さなヒシクイを見つけられなかったのが残念。

1212281121228212122831212284121228512122861212287

|

2012年12月26日 (水)

ツクシガモ他

寒かった日本海側から帰った翌日、こんどは太平洋側の海岸に。前日に較べると温かく気持ち良かった。ツクシガモは地元にも何度か来ているし、各地で見ていて珍しい鳥ではないのですが、いつも条件が悪くいい感じに撮れません。目の出にくいカモです。ここは近くに来ることもあるそうなので順光側で少し待っていると、2羽が少しだけ近くに来てくれました。ペアなのかと思ったけど、そういえばツクシガモはカモには珍しく雄雌の違いがほとんどわかりませんね。ここでは2羽と3羽が別行動することが多いそうです。
他に近かったチュウヒ、オオハシシギ、タカブシギ。

1212261121226212122631212264121226512122661212267

|

2012年12月24日 (月)

オオモズ

3連休で一番天候の良い日を選んだつもりでしたが、冷たい風が一日中吹き荒れる嫌な日で鳥見熱も下降気味。今回の目的のオオモズもこの風ではとまらないのではと半分あきらめていました。しかし前日に午後からよく出たという場所に移動すると、すでに撮っている方がいてあっさり撮ることができました。今回は本当に他力本願で自分だけでは何にも見つけられなかったと思う。
いろんな角度から撮りたかったのですが、寒さで根気が続かず早々にあきらめました。

1212241121224212122431212245

|

2012年12月22日 (土)

カモメ色々

カモメを見てきました。
この日見られたのは、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、ユリカモメ。といってもあんまり解ってません。私にはレベルが高過ぎて識別は無理です。カモメ識別ハンドブックを買って来たけどますます解らなくなってしまいました。とりあえずたくさん見て経験値を稼ぐしかないようです。

1212211_21212212121221312122144121221551212216612122177

|

2012年12月19日 (水)

レンジャク

レンジャク情報がだんだん近くになり、今週になって遂に地元河川敷に到着しました。ヒレンジャク10羽ほどの中にキレンジャクが1羽だけいて、それがボス的存在のようです。ツグミに遠慮しながらネズミモチの実を食べていました。
レンジャクは2年ぶりです。ツグミにしてもそうですが昨冬のように不作な年があると、ありがたみを感じますね。

121219112121921212193312121931212195

|

2012年12月17日 (月)

アカゲラ

夜明けとともに河畔林に行ってきました。目当てのフクロウはいませんでしたが、アカゲラが出て来てくれました。アカゲラはオオアカゲラと違って、せわしなく動くのでデジスコではまともに撮った憶えがありません。早朝で動きが鈍かったからか、SSが上がらない割には撮れてました。他に今年は普通に見られるシロハラ。

12121611212162121216312121641212165

|

2012年12月15日 (土)

アカハジロ

今週は連敗なので確実そうなアカハジロを見に行ってきました。メジロガモ同様に虹彩が白く異彩を放っていて、じっくり観察するときれいなカモです。珍らしいカモなんですが毎年どこかで観察されているし、毎年来ている所もあるのでそんな感じがしませんね。

12121561212152121215312121541212155

|

2012年12月13日 (木)

白いセキレイ

以前から噂の白いセキレイにやっと会えました。この白化個体は真っ白ではないけど嘴や足が肌色でよく目立ちます。そのためかすぐに他のセキレイに追い立てられて遠くに飛んでしまうので、なかなか出会えないのです。鳴き声を聞けばわかるという人もいますが、色柄以外で数あるセキレイを識別できるポイントはあるんでしょうか。

1212131_21212132_21212133_2

|

2012年12月11日 (火)

ヨシガモ

家から徒歩3分の池のヨシガモです。
住宅地の中の小さな池に今年もヨシガモが来ています。雄が7羽に雌が1羽だけ。普通種ですが美しく大好きなカモです。

12121111_212121181212113_21212114121211512121161212117

|

2012年12月 9日 (日)

チョウゲンボウ

昨冬と同じ近所の田んぼにチョウゲンボウが来ています。まったく同じ場所にとまるので同一個体でしょう。最初は雄雌のペアだったのに、最近はなぜか雌ばかりです。裏山の終わりかけの紅葉を背景に撮りたいのですが、1本の木にとまる以外はすべて人工物どまりなのがつらい所です。

1212091112120922121209312120941212095

|

2012年12月 6日 (木)

キバラガラ

キバラガラは舳倉島で記録された時には新聞記事になったほどの珍鳥です。しかし中国では普通の鳥らしいですね。やはり大陸に近い所にはいろいろと飛んで来ます。数日前までは静かな公園でキバラガラも時間通り水浴びに来ていたらしいのですが、大勢のカメラマンの出現で尻込みしたのかなかなか出て来てくれませんでした。結局、シャッターチャンスはわずかで被りとブレで悲惨な結果に。ボウズでなかったのだけが救いです。

1212071_21212072121207312120741212075_2

|

2012年12月 3日 (月)

カワアイサ

今年も河原の浅瀬にカワアイサが来ています。まだ10羽ほどで今は雄と雌が別々に行動していることが多いです。
カワアイサは警戒心が強くて近寄れないうえ、右岸からだと逆光でシルエットになり目も出ません。近くに橋がなく左岸に行くのに30分以上かかる場所なんで諦めています。

121202112120241212025

|

2012年12月 1日 (土)

トラフズク

今朝はのんびりしようと思っていたら、官能写真家さんからフクロウを見つけたと連絡。コミミやフクロウなら人が集まるとすぐに飛んでしまう可能性があるので、取る物も取り敢えず向かいました。現地に着くとまだ誰もおらず、ひと安心。見ると昨年と同じ木のトラフズクでした。トラフズクは警戒心が薄いほうなのでじっくりと観察しましたが、どこから見てもカメラマン泣かせの被りまくり。結局デジスコなんで一番遠くからの撮影です。
昨年の初認は11月10日で、その時は丸見えでしたが今日は難易度高め。ベニマシコが飛んで行った先を探していて見つけたそうです。いつも思うけど最初に見つけた人はえらいですね。

121201112120121212013

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »