« クロハラアジサシ | トップページ | ノビタキ色々 »

2012年10月14日 (日)

ヒヨドリの渡り

伊良湖岬のヒヨドリの渡りです。
猛禽から身を守るため大群で海面スレスレを飛ぶヒヨドリの渡りは以前から見たいと思ってました。鳴門海峡で見た時は遠くて迫力不足でしたが、ここは間近で見られて感動ものです。
この日は朝から岬を目指すヒヨドリの群れが絶えることがありませんでした。岬の先端に行ってみると、岬の山でいったん休憩したヒヨドリが押し出されるように海に出て行っていました。しかしこの日は帽子をかぶれないほどの強風で、何度も出る素振りを見せながらなかなか飛び出せない。一度飛び出しが決まると、群れ自体がひとつの生き物のように長く伸びて少し沖まで出てた後、一気に海面に吸い付くように急降下します。その体勢のまま対岸を目指すのですが、波があたってパニックになり引き返すこともよくありました。5分間隔くらいで延々と続くショーは見ていて飽きませんでした。
この日はハヤブサを1度見ただけ。リスクをおかしてまで海面スレスレを飛ぶ必要があるんでしょうか。また全ての群れが教えられたわけでもないのに同じ行動をするのが不思議でした。そもそもヒヨドリは年中いる鳥なのに、なんで移動するんですかね。

12101511210152121015312101541210155121506

|

« クロハラアジサシ | トップページ | ノビタキ色々 »

野鳥」カテゴリの記事