« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

キセキレイ

近所の汚い川にもいるキセキレイですが、ブナの森で見ると別の鳥のようにみえます。お腹のレモン色がきれいです。

12062911206292120629312062941206295_3

|

2012年6月27日 (水)

セッカ

河川敷の紫の花、アレチハナガサ(荒地花笠)というのだそうですが、これにセッカの組み合わせはよくブログで見ます。でもそんなにうまくいかないよな〜、と思っていたらとまってくれました。花どまりが好きなわけではないけど、このところ地元はネタ不足なので視点を変えるしかありません。

120624112062431206242

|

2012年6月25日 (月)

アオゲラ

山の休憩所でアオゲラの亡骸を見つけた。おそらく窓ガラスにぶつかったのだろう。キツツキ類のドラミングを見ていると、よく脳しんとうを起こさないものだと感心するが、その比ではないくらいのスピードでぶつかってしまったのかもしれない。少し羽根をもらってから埋葬した。その間、近くからするアオゲラの地鳴きが泣いているように聞こえてせつなかった。
この日はアオゲラをたくさん見たが、せわしなく飛び回りじっくり撮らせてくれなかった。

120625112062521206253

|

2012年6月23日 (土)

ミソサザイ

ブナの森に行ってきました。あいにく曇り空で寒い日でしたが、30種ほどの囀りが聴けました。しかしほとんど姿を捉えることが出来ず、最低限ミソサザイだけでもとソングポストにしそうな木で待ちました。2時間たってやっと狙い通りにとまってくれましたが、暗くてブレまくりです。→(ムービー)

12062311206232120623312062341206235

|

2012年6月21日 (木)

アカショウビン

日曜のアカショウビンとカケスです。

120622111206224412062222120622312062255

|

2012年6月19日 (火)

ホトトギス

河川敷のトケンといえば以前はカッコーだったんですが、昨年はホトトギスが多かった。ロードバイクで走って御殿山から牧野までに5羽の声を聞いたこともあります。しかし声はすれども姿は見えずで撮影は本当に難しい。実はトケン4種のなかで唯一まともに撮れてなかったりします。
先週から両岸を行き来しているこの個体は、割とサービスが良く抜けた所に出てくれるのでカメラマンに人気です。今回はいまいちでしたが、河川敷の楽しみはしばらくこれだけになりそうなので再挑戦します。

1206192_212061931206194

|

2012年6月17日 (日)

オオコノハズク

オオコノハズクはオオがつくけどやっぱり小さいので見つけることは難しいです。今日は教えてもらわなければ自力では不可能でした。すでに巣立った子が4羽近くにいるらしいのですが、ロープ規制があるので見えるのは1羽だけ(おそらく)。しかも後ろ向きで棒の先にとまると耳かきのぼんてんにしか見えません。親も近くで見ているというのですが見れません。
サービスの良いアカショウビンに飽きたので見に行くと、動き出した幼鳥の近くで親の姿が一瞬だけ見えました。遠く暗いのでSSが上がらずブレてしまいました。
オオコノハズクは山奥の鳥のイメージがありますが、冬期には平地に降りることがあり淀川河川敷にも来たことがあるそうです。今度は地元で見てみたいですね。

12061711206172120617312061741206175

|

2012年6月14日 (木)

ハリオアマツバメ

今年はもう行かないつもりだったのですが、それまで成果がなかったので夕方にハリオアマツバメが水を飲みに来る池に寄ってきました。夕方ここに来るのは初めてです。朝の方がいい感じで撮れるのですが、いかんせんSSがあがらないので歩留まりが悪いというか、いままでまともに撮れたことがありません。
前日は雨だったせいか、その日の朝はまったく飛ばなかったそうです。期待せずに夕方5時頃池に着くとすぐにパラパラとペアで5組ほどが飛んできました。ピークの大群のときのように、あれこれ迷うことがないのですが、シャッターチャンスが少な過ぎでした。

12061311206132

1206133_212061341206135512061361206137

|

2012年6月12日 (火)

高原の猛禽

この高原の周辺には4羽のハチクマがいるそうです。そのうちの淡色型と中間型が見れました。昨年撮ったものとは別個体のようです。(昨年の)
ハチクマといえばディスプレーを見てみたいものです。この日は頻繁に現れてフワフワとしたり急降下したりと、羽打ちの独特なポーズは見れませんでしたが楽しませてくれました。
MFでは冬鳥のノスリとハイタカがここで繁殖しているようです。ノスリはペアで鳴きながら飛ぶ姿がよく見られました。そういえばノスリの鳴き声を聴くのは初めてです。

120612112061221206123312061241206126_2

1206125_21206127_2

|

2012年6月11日 (月)

高原の鳥

梅雨の晴れ間に高原に行ってきました。快晴だけど涼しくて気持ちのいい日でした。標高がそれほど高くなく、真夏には平地並みに暑くなるので今がベストかも。ここでは珍しい鳥がいるわけではないので、最初から成果は期待せずリフレッシュが目的です。そのせいというわけではないですが、何を撮ってもいまいちでした。
久し振りのアカゲラ、高原の定番のコムク、本場の高原モズ(やはり白い)、電線どまりばかりのカッコー。

1206111120611212061131206114120611512061161206117

|

2012年6月 9日 (土)

アカショウビン

先週のアカショウビンです。

1206080011206080021206080031206080041206081120608212060831206084120608512060861206087

|

2012年6月 6日 (水)

モズ幼鳥/金星の太陽面通過

今日も幼鳥です。
金星の太陽面通過を撮りながら河川敷の桑の実を食べにくる野鳥を待っていると、モズがやってきました。よく見ると3羽います。成鳥が3羽一緒にいることはないだろうと思い、よく見るとやはり幼鳥。このところ幼鳥シリーズをやっているのを知っているみたいに出てきてくれました。
今、河川敷のあちこちにある桑の実が食べ頃ですが、ムクドリやスズメが時々食べる程度であまり人気がない。たまに摘んで回っている人がいるけど、ほとんどが熟れすぎて地面に落ちています。先週少し摘んで帰ってジャムにしました。ブルーベリーみたいでおいしいですよ。
金環日蝕の後、作ってもらったフィルターを捨てて怒られました。再度作ってもらってデジスコで挑戦です。カメラはマニュアル設定ができるPowerShotにしました。こんどのイベントはレアだけど地味な感じですね。でも地球と同じぐらいの大きさの金星が、太陽より前にあるのに小さく見えて宇宙の大きさを感じました。太陽の直径は地球の100倍以上だから実際の大きさは黒点ぐらいですかね。次は水星の日面通過で日本で見られるのは2032年。(微妙…)

12060611206062120606312060641206065120606612060671206068

|

2012年6月 5日 (火)

セッカ幼鳥

河川敷のセッカの幼鳥です。
すでに成鳥と見分けがつきませんが、3・4m飛ぶのが精一杯で遠目にも幼鳥とわかりました。2羽の幼鳥は好奇心が強いのか威嚇しているのか、私に近づいて周りをぐるぐると飛んだり、からかうように目の前でホバリングしたり。レンズの最短撮影距離が3.5mなので後ずさりするのですが、いつまでもついてきます。親鳥はそんな子供たちに体当たりするように飛んできて、たしなめているようでした。それでもやめようとしないので、親鳥は今度は私の頭めがけて飛んできたので撤収することに。楽しかったけど結局遊ばれただけでまともに撮れてませんでした。

1206041120604212060431206044

1206046_212060471206048

|

2012年6月 3日 (日)

ウグイス幼鳥

ベビーラッシュですね。これは河川敷のウグイスの幼鳥です。
河川敷で探鳥していると突然すぐ側から大きなウグイスの囀りが。ウグイスは警戒心がわりと薄い方ですが、それにしても近いなと思ったら幼鳥でした。幼鳥は警戒心ないからなぁ……えっ幼鳥でも囀るの? で、じっくり観察したけどやっぱりこの羽根が生え揃ってなく嘴に黄色いパッキンがついているこの子が囀ってました。成鳥とまったく変わらない美声で。シーズン始めにたどたどしい囀りを聴くことがありますが、あんな感じで練習してうまくなるのかと思っていたので意外でした。この子がたまたまエヴァンコちゃんみたいな才能の持ち主だったのかな。

12053111205312120531331206034

|

2012年6月 1日 (金)

イソヒヨドリの親子

近所のイソヒヨドリの親子です。
最近は内陸でもよく見られるイソヒヨドリですが、バードウィッチングを始めたばかりの頃に近所で初めて見たときは感激しました。その時はまだカワセミやルリビタキなど青いというだけで嬉しかった頃ですから。しかし近頃は見かけてもレンズを向けることはほとんどありませんでした。
このところ近所ネタが枯渇しているので、朝からいつもオスがとまっている場所に行ってきました。そろそろ子供ができている頃かなと思っていたら、子供が飛んできてお父さんの後ろで餌をねだりだしました。お父さんは必死になって道ばたに出てくるトカゲやムカデを見つけては与えていました。

1206011120601212060131206014412060512060171206016

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »