« ハイイロチュウヒ | トップページ | カラフトワシ »

2012年2月22日 (水)

河川敷の猛禽他

次の日曜日はいよいよ葦原焼きです。あいかわらず何もない河川敷ですが、最近コミミを撮られた方がいて、カメラマンをちらほら見るようになりました。ここに限らず淀川流域でもコミミは見られることがありますが、ほとんど出会い頭で運がよくないと撮れません。有名ポイントでは撮り放題ですぐに飽きてしまったけど、昨年ここで三度目の正直で撮ることができた時は嬉しかった。
当初トラフズクということでしたが、コミミだったと聞き、翌朝見に行ってきました。足を踏み入れたとたん、バサバサと大きな鳥が木にとまった後飛び立ちました。飛ぶ姿はコミミのスマートさはなくフクロウのようでした。写真は顔が写ってないのでよくわかりません。
翌朝確かめに行くと、鳥がいた木の上にいたのはタヌキでした。タヌキは木に登るのも降りるのも苦手ですが、果実をとるために木に登ることはあるそうです。でも雪が降った寒い朝にこんな所でぶら下がるように爆睡するとは。昨日のぶんぶく茶釜みたいな鳥はタヌキが化けていたのかな。

12022111202212

1202213_2

12022141202215_212022161202217_2

|

« ハイイロチュウヒ | トップページ | カラフトワシ »

野鳥」カテゴリの記事