« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

チュウヒ

地元ネタを求めて河川敷をウロウロしてますが成果がありません。このところ猛禽もノスリ、ミサゴ、ハイタカぐらいで種類が少なくさみしかったのですが、久しぶりにチュウヒが葦原の上をV字で飛んでいました。しかしここの自慢の背の高い葦のおかげで、視界が悪く撮れません。遠く高く飛んで裏山を背景にしたところでやっとシャッターが押せました。

12013111201312

1201314_2

|

2012年1月29日 (日)

コオリガモ

在庫のコオリガモです。北海道に行かないと見れないと思っていたコオリガモに逢うことができました。3年前には淀川にも来たことがあるらしいですが、やっぱりこういうのは幼鳥ばかりですね。いつか北の海に行って独特の鳴き声も聞いてみたいです。

1201292

1201291_212012931201294

1201295

|

2012年1月27日 (金)

トラフズク

今日のトラフズクは被りまくりだったけど、近かったので400ミリでもドアップです。写真にすれば大きく見えるけど、今日はなぜかいつもより小さく可愛いらしく見えました。

120127112012721201273

|

2012年1月26日 (木)

オジロビタキ

昨年は3カ所、今年は2か所目のオジロビタキ。初めて逢った頃は珍鳥だったけど今はそうでもない感じ。でもやっぱり可愛いいし、どんな個体か見たかったので行ってきました。

120126112012621201263

|

2012年1月24日 (火)

ハイタカ

今年はハイタカが多いと聞きます。河川敷でも見ない日はないですが、ここは河畔林が少ないので、とまりものはなかなか撮れないんです。今日はめずらしく丸見えの所にとまってくれたけど空抜けでした。

120123112012321201233

|

2012年1月22日 (日)

オオジュリン

地元河川敷のオオジュリンです。何か出逢いがないかと近場を徘徊しますが、何にもないですね。葦の中を虫を無心にとっているオオジュリンだけが撮影相手です。昨冬シベリアジュリンでにぎわった草地は鳥の影がまったくありません。オオジュリンは枯れた葦原によくいますが、今思えばあの草地にいっぱいいたのが不思議な感じがします。

12012211201222120122312012241201225

|

2012年1月21日 (土)

珍カモ

今日は珍しいカモの梯子をしてきました。午後からはメジロガモを見に行ってきました。チョコレート色のきれいな個体で、すぐにわかりましたが、頭にかすかに緑色がかかって見えます。アカハジロとの交雑種カモ?と思って帰って検索したらやはりハイブリッドのようです。

120121112012121201213

|

2012年1月19日 (木)

シロハラクイナ

在庫のシロハラクイナです。
関西からシロハラ→メジロ→シノリの組み合わせで行く人が多いですね。私の場合、午前の部のシロハラクイナを撮り損ねたために結局ここだけでした。猫の襲撃でヒクイナが犠牲になってからしばらく出なかったこともあるけど、今思えばもったいない。ここは猫が主役だから文句は言えないです。(最後は猫に驚いて飛ぶシロハラクイナ)

12011811201182_2120186

1201183_21201185

|

2012年1月17日 (火)

ミコアイサ

ミコアイサが近くで撮れるそうなので行ってきました。警戒心がなくてすぐそばに来るときもあるそうですが、このときは20〜30メートルぐらい。晴天なので白トビしないようにアンダーにするとやっぱり目が出ませんでした。

1201161_2

1201162_3

120116312011641201165

|

2012年1月16日 (月)

マナヅル

ツルはなぜかいつ撮ってもメラメラでひどいことになってしまう。体が大きいので近そうに見えて遠いのが原因なのか、全然解像してません。自分だけの問題かと思ったけど、地元の方のブログを見たらやっぱり同じように苦労しているようで安心しました(笑)。日帰りだったので、飛ぶまで待てなかったのが残念。

120116412011621201163

|

2012年1月14日 (土)

チュウヒ

日帰りで遠征してきました。いろいろ見れて楽しめましたがどれも遠くてまともな写真が撮れませんでした。その中でこのチュウヒだけが愛想良く近くを飛んでくれました。
ここは以前チュウヒが繁殖していたのですが、広大な土地は開発されて繁殖されなくなったそうです。現在も工事中でこれほどの開発が必要なのか疑問です。野鳥カメラマンからは“タダチュウ”といわれている存在ですが、個人的には大好きな猛禽です。

12011411201142120114312011441201145

|

2012年1月11日 (水)

ベニマシコ他

冬鳥不作のなかでベニマシコだけは例年通りに河川敷に来ています。ベニマシコは春先のほうが赤みが強くなるので無理して撮ろうとしなかったため、今頃になってやっと今季の初登場です。ツグミ、アオジ、オオジュリンもよく見られるようになりましたが、これといった楽しみのない河川敷でした。

1201112_21201111120111312011141201115

|

2012年1月 8日 (日)

コクガン他

山野の鳥がさっぱりなので、海岸線を探鳥しながら回ってきました。じっくり探せば掘り出し物でもあるかと思いましたが、この日は強烈な風で立って双眼鏡を覗くこともままならないほど。結局定番の鳥が見れただけでした。

12010611201062120106312010641201065

|

2012年1月 7日 (土)

アオシギ

絶対自分では見つけられないと思うアオシギ。警戒心も強いので無理っぽいけど下見のつもりで行ってきました。しかし先客のカメラマンの皆さんのおかげでまったく探鳥することなく撮ることができました。どんな喧噪にも動じず同じ場所にずっといてくれましたが、被りがどうしてもかかってしまう。枚数はいっぱい撮ったけどほとんど同じポーズでした。でも被りまくりのボケボケながら尾羽を広げたり、エンジェルポーズや嘴を開けたシーンも撮れてました。
ここの川はお世辞にもきれいとはいえないし、アオシギは3面コンクリートの川でもよく見つかるらしいので、近場の山でも丹念に探せばいるかもしれませんね。

1201071

1201076120107312010741201075

|

2012年1月 4日 (水)

ナベヅル

正月なので縁起のいい鶴に会いに海岸線を走ってきました。教えていただいた周辺の田んぼを見て回りましたが見あたらず、不安になりだした頃やっと川の浅瀬にいるのを発見。田んぼとは違った趣きでいいけど、ちょっと遠かった。
以前ナベヅルを撮った時は天気が良過ぎてメラメラになり悲惨なことに。今日は寒く視界はいいけど、すさまじい強風で三脚を押さえながらの撮影でした。

1201041112010422

12010433


12010441201045_2

|

2012年1月 3日 (火)

フクロウ

今年の初撮りはフクロウでした。不苦労といわれて縁起がよさそうですが、撮影は苦労しました。これで良く見つけたなと感心するほど、どこから見ても被りまくり。少しだけ振り返ってくれてなんとか撮れました。
フクロウ類も何度か見ると関心が薄れますが、地元となると話は別です。あとはコミミに来てほしいですね。

1201031

|

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

120101_2


| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »