« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

三重のシギチ

日曜の三重のシギチです。今回多かったのがソリハシシギ、キョウジョシギ、オバシギ。ソリハシシギはいつも砂浜を走り回っていてデジスコではお手上げなので、休憩中を撮らせてもらいました。

1108311110831211083131108314110831511083181108317

|

2011年8月29日 (月)

ミユビシギ

この土日は鈴鹿の自転車レースに参加してきました。初日は好調だったものの、2日目はスタミナ不足で絶不調に。後味の悪い結果になりましたが、ケガすることなく楽しんできました。(ここほど救急車が走り回るイベントはないかも)
レースが早めに終わったので、帰りにシギチを見てきました。海岸にはミユビシギが200羽ほど。南オーストラリア州のフラッグを付けた個体と、コオバシギ3羽、トウネン4羽も混じっていました。波に合わせて行ったり来たりしている姿を見ていると癒されますね。

1108291110829211082931108296110829711082941108295

|

2011年8月26日 (金)

田んぼのシギチ

昨日の田んぼのシギチです。あまり代わり映えしませんが、こんなラインナップでした。(あえて鳥名は書きません)

1108261_2110826211082631108264110826511082671108266_2

|

2011年8月24日 (水)

エリマキシギ

エリマキシギは2年ぶりです。タイミングが合わないとなかなか出会えないのですが、今回は長居してくれています。しかし遠いうえ、抜けたところに出てくれませんでした。

110824111082421108243

|

2011年8月22日 (月)

トウネン他

毎年同じところで同じような鳥を撮っているのもつまらないので、初めての海岸で探鳥してきました。海岸線に沿って磯や浜、河口などシギチのいそうな所を見て回りましたが、イソシギがちらほらいるだけ。探鳥地でないとはいえこれほど何もいないとは…
素直に巨椋にでも行けば良かったと思い出した頃やっと、キアシシギ、トウネン、コチドリに会えました。普通種だけど嬉しかった。
イソヒヨドリだけはどこにもいて、半日で20羽以上見ました。

1108223_2110822211082211_211082241108225

|

2011年8月20日 (土)

オウゴンチョウ♀?

最近地元で話題の鳥を見に行ってきました。図鑑にのってないので篭脱けかなと思うけど、それにしては地味ですね。セリンではという意見もあって2年前の巨椋を思い出しました。それはオウゴンチョウだったらしいということで、帰って検索してみました。
オウゴンチョウGoogle画像検索
かなり似ている画像があるように思いますが、果たして何なんでしょう?
ムービー(4.9MB)

110820111082021108203_211082041108205

|

2011年8月19日 (金)

タマシギ

久しぶりに地元で探鳥です。いつも通りの顔ぶれで、渡り途中のシギチは見れませんでした。

11081911108192110819311081941108195

|

2011年8月17日 (水)

カタブシギ他

昨日、メジロガモに行く前に干拓地に寄ってきました。田んぼを車でウロウロするのはアレなんでポイントだけささっとチェック。タカブシギは今季の初見でしたがそれ以外はたいした発見もありませんでした。(タカブシギ、アオアシシギ、ムナグロ、アマサギと少し腹の赤いツバメ)

1108171110817611081771108179_31108178_2

|

2011年8月16日 (火)

メジロガモ

今日は不安定な天気でした。自転車トレーニングのつもりでしたが激しい雨だったので、予定変更で昼からメジロガモを見に行ってきました。
先月、米子に来たときは遠そうなのでパスしたのですが、今日もやっぱり遠かった。カモは一気に換羽して飛べない時期があるそうです。そのせいかどうか分かりませんがこの個体は飛べないようです。
着いてすぐに雨が降り出してしばらく退避していたのですが、雷が鳴りだしたので早々に撤収することに。今日は暑くはなかったけど車に乗ってばかりでフラストレーションのたまる日でした。

110816111081621108163

|

2011年8月12日 (金)

ミサゴ

サシバを探しに山に行ったんですけど、撮れたのはミサゴだけでした。

1108111110811211081141108113_3

|

2011年8月10日 (水)

ツバメの塒入り

ツバメの塒入りは地元河川敷の夏の風物詩です。そろそろかなと行ってみると、地元野鳥会と市の観察会の人やNHKまで来ていました。ツバメの塒入りは野鳥カメラマンには興味の湧かない題材かもしれませんが、バーダーなら見て損はないと思います。初めて塒入りを見たときは、全天を覆い見渡す限りのツバメの群れに感動しました。
しかしここは葦原が広くツバメまでの距離があるので、双眼鏡がなければツバメを確認できません。肉眼ではコウモリしか見えないので、双眼鏡を持たないNHKのスタッフの一人は塒入りのピークの時にツバメが飛んでいることに気づいていませんでした。
今年は少なめだった昨年より多いものの迫力不足でした。紅白歌合戦のようにきっちり数えられるわけではないですが、個人的には3〜4万羽ぐらいの印象です。
ツバメの塒入りムービー(6.8MB)

1108102_2

|

2011年8月 8日 (月)

アカショウビン

昨日のアカショウビンです。
今年もアカショウビンはいろんな所で見聴きしていますが、撮れたのは一番ポピュラーな戸隠だけでした。今回のブナの原生林は奥深く、登りがきついのでハイカー以外に来る人はいません。しかしバーダーはいないけど鳥もいない状態で、時期が悪いと思い昨年から5・6・7月に来ているのですがすべて丸坊主でした。8月はもうないだろうと思っていたら、このあたりによく来られているBさんがアカショウビンとクマタカを見られたそうなので行ってみることにしました。
朝は早いほうがいいだろうと一気に登山道を登ると、前日自転車で長距離トレーニングしたこともあって足がガクガクに。寝不足もあってレジャーシートを敷いて寝転んで森林浴をしていると、蝉時雨のなかにかすかにアカショウビンの囀りが。あまりにも小さな囀りだったのでかなり遠くかと思ったらすぐそばに2羽いました。でもカメラの準備ができてなく照準器も合わせてないので撮り損ねてしまいました。その後何度か来てくれたのですが、遠く高かったのであまり解像してません。
いまいちでしたが雲行きがあやしかったので早めに下山することに。駐車場に着いてすぐに激しい雨になりぎりぎりセーフでした。今回もクマタカには会えず。今年はハチクマに運を全部使ってしまったようです。

1108071110807211080731108074_21108077

|

2011年8月 6日 (土)

アマツバメ他

先月の在庫です。連休の最終日にアマツバメが営巣している伊豆の海岸に寄ってきました。子育て以外は絶えず飛び続けているというアマツバメが、ここでは岩に止まることがあるそうです。この日は台風の影響で、垂直に切り立った岩壁に当たった波が、30m程の高さまで上がって壮観でした。そのためアマツバメは巣の出入りも少なく、岩に止まれるような状態ではありませんでした。高さ23mの吊り橋を渡っているとき、それまでで最大の波が来て全身に海水を被ってしまい、カメラは壊れてしまいました。帰りの高速は高波による通行止めで大渋滞。帰宅が午前3時になってしまい散々な日でした。
ついでなので海岸近くにあるシャボテン公園にハシビロコウを見に行ってきました。(こっちがメインだったかも)

1108061_21108062110806311080641108065

|

2011年8月 4日 (木)

ツバメチドリ他

自転車のトレーニングを兼ねて干拓地までママチャリで行ってきました。撮れたのはツバメチドリ、コチドリ、タマシギ、アオアシシギだけで、ちょっと物足りない。

11080411108042110804611080441108045

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »