« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

ハチクマ2

ハチクマの止まりものを撮りたくて、坊主覚悟で今週も行ってきました。行動範囲が広くて探すあてもないのだけれど、とりあえず前週の撮影ポイントへ。着いてすぐにあまりにもあっけなく、木のてっぺんに止まっているのを発見。ハチクマは警戒心が強いので、いったんバックして車内デジスコで少しずつ前進しながらの撮影することに。
農家の近くの最短ポイントに車を止めて息をひそめながら撮影していると、家からおばさんが出てきました。怒られるかと思ったら大歓迎で、小鳥が大好きというおばさんはレンズの横に立って質問攻めに。車内デジスコの意味がない…。
今回は空抜けで背中ばかりでしたが撮れただけで満足。新規開拓のあてなし探鳥はバードウォッチングの醍醐味ですね。
渡りでは悠々と高空を飛んでいますが、帰りの林道で樹林をすり抜け飛び回る機敏な姿を見ることができた。

1107311jpg1107312110731311073141107315

|

2011年7月28日 (木)

ハリオアマツバメ

昨年に続いて惨敗です。

1107251111072522110725331107244411072455

| | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

ハチクマ

鷹の渡りではおなじみのハチクマですが、以前から繁殖個体の止まりものやディスプレイ飛行を見てみたいと思っていました。ただ近場ではチャンスはなさそう。6月初旬に撮ったことはありますが遅めの渡りだと思います。(そのときのハチクマ)他にも探しに行きましたが空振りでした。
今回遠征先で見ることができました。雛に持って帰る途中でしょうか、足にカエルを掴んでいます。換羽中で左右対称に羽が抜けてます。お腹ばかりしか撮れませんでしたが、うれしい出会いでした。

11072611107262

|

2011年7月25日 (月)

レンカク

昨日の遠征疲れで今日はゆっくりするつもりでした。でもレンカク夏羽となれば話は別です。さっそく現地に向かい、あこがれの鳥になんとか会うことができました。着いてしばらくはハスの中から出てくれずやきもきしましたが、遠くから狙うデジスコの人も、近くのハスの上に乗るのを待っている一眼の人も満足できたようです。
鳥枯れといいながらこの夏は忙しいですね。

11072511107252110725311072541107255

|

2011年7月23日 (土)

オオセッカ

コジュリンの河川敷にはオオセッカもいます。見た目に特徴がないので見つけられるか心配でしたが、土手に上がってすぐ聞き覚えのないジュルルルという囀りがそこらじゅうでしていて、それとわかりました。絶滅危惧種ですがここでは一番多い感じです。行動も変わっています。セッカのように飛び回らず、5mぐらいの高さまでけたたましく囀りながら半円を描くように飛びます。狭いテリトリーの中で何度も繰り返すのでうるさく感じるほど。しかし抜けのよい所には止まってくれず不完全燃焼でした。
コジュリンとオオセッカの囀りムービー←風のノイズが多いです

11072311107232110723311072341107235

|

2011年7月22日 (金)

コジュリン

5か月前地元河川敷に来てくれたコジュリンのふるさとを訪ねてきました。河川敷の道は地震のため大きな亀裂が入っていて工事中でした。コジュリンの繁殖地は局所的で全体の数は少ないですが、ここでは簡単に見ることができました。囀りはホオジロそっくりでソングポストに立つと長時間囀っています。でもなかなかいい所に止まってくれません。雌をみつけられなかったし納得できるものが撮れませんでしたが、暑さにまけて早々に撤収しました。

11072211107222110722311072241107225

|

2011年7月21日 (木)

サンコウチョウ

先週のサンコウチョウです。先輩が近場でサンコウチョウの巣を見つけたと自慢げにいうので見に行ってきました。ブログをやっているので巣には近づけないので(?)、遠くで雌だけ撮ってきました。大阪府では準絶滅危惧(←最後の行)のようですが探せば近場にもいますね。

110716111071621107163

|

2011年7月19日 (火)

ブッポウソウ

久しぶりにブッポウソウを見に行ってきました。木どまりを期待しましたが、近くの木にはとまってくれません。トップ画像はめちゃくちゃ遠かったです。飛びものは全然ピントが合わないですね。

110719111071921107193

11071971107195

|

2011年7月17日 (日)

コノハズク2

昨日のコノハズクです。ブッポウソウに行く前にまた寄ってきました。赤色型はめずらしいといっても普通のも見てみたいと思ってました。数日前から少し離れた ところに褐色型の個体も見つかったそうなので見てきました。ところが葉の中に隠れるし暗いので色がわかりません。赤色型とちがってこちらはカメラマン泣かせで抜けたところに一度も出てくれませんでした。(最後のみ赤色型)
ナビの地図データを新しいもののにしたら、新設の高速を使う遠回りのルートになっていたので、試しに行ってみると20分以上遅く着いてしまった。田舎の一般道は信号がないので計算より速く走れることがわかってないようだ。

1107171_41107172_41107173_41107174_61107176_8

|

2011年7月14日 (木)

クロサギ

日曜日の在庫です。紀伊半島南部の国道42号線は青い海を見ながらの快適なシーサイドドライブです。走る車の中から岩場にクロサギでもいないかと見ますが、飛んでいない限り無理ですね。以前日本海で見たときは岩場で黒い体が保護色になるのでよく見失いました。
途中休憩で立ち寄ったところに運よくクロサギがいました。今回は上空を飛ぶアマツバメに気をとられて、飛びものを撮るまえにどこかに消えてしまいました。
この日は各地で猛暑日でしたが、こちらではあまり暑さを感じませんでした。中途半端な標高の高原にいるより快適だったかもしれません。

11071411107142110714311071451107144_2

|

2011年7月13日 (水)

アマツバメ

日曜の在庫です。ウチヤマセンニュウを撮ったあと、アマツバメとヒメアマツバメが営巣しているという島に向かいました。島に渡る前にたまたま見つけたクロサギを撮っているとアマツバメが頭上を舞っていました。昨年の雨の中でのハリオアマツバメは惨敗でした。今回は晴天でSSは稼げるけどやっぱり枠にいれるので精一杯でピンボケ量産です。お腹のウロコ模様は撮っているときには全然気づきませんでした。(トップ画面の個体は口に餌をいっぱい含んで変顔になってます)
高速飛行のまま巣穴に飛び込むシーンを見たかったのですが、結局島には渡らず次の目的地に向かうことにしました。

11071221107121110712311071241107125

|

2011年7月11日 (月)

コノハズク

昨年は昼間から“ブッポウソウ”と鳴いていたコノハズク。真剣に探しましたが見つけられませんでした。あれから1年なのでそろそろ見に行ってみようかと思っていたところでした。情報通りの出会いは感激はありませんが贅沢は言えないですね。
今日のギャラリーは昨日の3分の1ぐらいだったためか、コノハズクの動きはまったくありませんでした。

11071111107112110711311071141107115

|

2011年7月10日 (日)

ウチヤマセンニュウ

最近は暑さを避けて山ばかり行っていましたが、今日は海辺の探鳥で紀伊半島を一周してきました。ウチヤマセンニュウは三宅島や紀伊半島の南の島などで局地的に繁殖しています。今日は2箇所で10羽ほど確認できました。センニュウなので潜入して撮れないかと思っていたら、早朝はよく上に出て囀ってくれました。ウグイス科の鳥は全部同じに見えるけど、囀りはまったく違います。大音量でゲームの効果音を聞いているようでした。
ウチヤマセンニュウ囀りムービー

11071011107102110710311071041107106

|

2011年7月 7日 (木)

キビタキ

近所のキビタキです。最近ネタがないので、4月下旬に渡ってきたばかりの頃に撮って以来のキビタキに挑戦中です。声はすれど姿は見えずで、山の中での撮影は難しいです。

110707111070721107074

|

2011年7月 5日 (火)

ヒガラ他

クロツグミを待ってる間にヒガラ・コガラ・ゴジュウカラ・コゲラのカラの混群がやってきました。ヒガラとゴジュウカラは幼鳥のようで警戒心が薄く近くに来てくれました。

110705111075211070541107053_211070561107055

|

2011年7月 3日 (日)

クロツグミ

今日は早朝から山に行ってきました。いつもは囀りだけで姿が見れないクロツグミが、霧で警戒心が薄れて丸見えでした。霧が晴れてサービスが悪くなってからもクロツグミに執着しすぎたため、他の鳥があまり撮れなかったのが残念。

1107031110703211070331107034

|

2011年7月 1日 (金)

コチッ子

近所の畑でコチドリが子育て中です。3羽のこどもは最初は白い毛玉のようでしたが最近はコチドリらしくなってきました。コチドリは産まれてすぐに歩き出し自分で餌をとるのですが、しばらくは親が交代で監視をします。したがって遠くから少しだけ撮影させてもらいました。隣の金網で囲まれた空き地では他のコチドリが抱卵中です。

1107012110701111070131107041107015

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »