« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

ヤツガシラ2

今日も早朝から行ってきました。別の所で待機していたら電話連絡をいただき、急いで駆けつけ今日もなんとか撮ることができました。いまいちですがその後来られた方は撮れなかったので撮れただけましだと思わないと…。珍度は低いとはいえヤツガシラはやっぱり人気の鳥。100人位のカメラマンは壮観でした。今日はいろんな方とお話できて楽しかったです。

11032721103271_211032731103274


|

2011年3月26日 (土)

ヤツガシラ

先週から目撃情報のあったヤツガシラ。2年前は目撃するものの一度もシャッターを押すことなく飛ばれてしまって悔しい思いをしました。今日はリベンジで朝一番乗りでした。前回は長留するものの行動範囲が広く運の良い人だけ撮れたのですが、今日はあっさり登場してくれて結構撮らせてくれました。でも家に帰って検索したらいまいちでした。

1103261_2110326211032631103264

|

2011年3月25日 (金)

ノスリ

地元河川敷には今年はノスリが少ないです。昨年は周辺も含めると6羽いたのですが、今年は2羽のみ。例年のようにポールにとまる姿が見れますが、ここのノスリはなぜか異常なほど警戒心が強く近づけません。でも今日は割りと近くを飛んでくれました。

1103261110326211032631103264

|

2011年3月24日 (木)

マキバタヒバリ他

今日はお山に行く前にマキバタヒバリを見に行ってきました。抜けそうで抜けず、ありがたみがなくなるのであまり長居しない方がいいのにと思っていました。でも今日は関東から撮りにこられている方がいたので、まだいてくれて良かったです。震災にあわれてなかなか来れなかったそうです。今日同行させてもらった方も西の方に行ってきたばかりで、珍鳥好きの方のバイタリティーには感心します。山の方は坊主でしたので2月の在庫より3点。

1103241110324211032431103244_2

|

2011年3月22日 (火)

チョウゲンボウ

移動中のチュウヒやハイチュウでも立ち寄ってくれないかと期待するのですが、コミミで猛禽運は使い果たしたようでさっぱりです。今、河川敷で旬の猛禽はチョウゲンボウです。チョウゲンボウは年中いますが、今は土手の草が刈られているため獲物を見つけやすいようで、ペアでやってきてよくホバリングしています。

1103221110322211032231103224

|

2011年3月20日 (日)

ウグイス

まだ遠出をする気になれませんので、徒歩・チャリ圏内の鳥見です。河川敷は今、普通種ばかりですが鳥の数は多いです。ウグイスも百羽はいるでしょうか、そこらじゅうで囀っています。年中いるはずですがゆっくり撮らせてくれるのは今の時期だけですね。

1103201110320211032031103204

|

2011年3月16日 (水)

アリスイ

今朝はジュリン達がまったく見られませんでした。シベリアジュリンは14日、コジュリンは15日が終認になりそうです。
誰もいなくなった河川敷で2羽のアリスイが鳴いていました。最後はここに1本だけある小さな梅の木にウグイス。

1103162_21103161_211031631103164

|

2011年3月14日 (月)

ウソ

朝・夕にコミミ探しに行きましたがもういませんでした。昼にもうひとつのマイフィールドの裏山の公園に行ってきました。先日ここでは初見のウソを見つけました。コミミもそうですが行くところに行けば見れるものですが、近所で見つけると嬉しいものです。桜の芽を食べに山から降りてきたようです。春の陽気でルリタテハも動き出していました。

1103141110314211031431103144

|

2011年3月12日 (土)

コミミズク

今日はとても鳥見をするような気持ちになれなかったのですが、夕方から散歩がてら河川敷に行って来ました。思いがけずここでは初めてコミミズクが撮れました。

110312111031221103123110312411031251103126

|

2011年3月 8日 (火)

チュウヒ他

土曜日の在庫です。チュウヒは大好きな猛禽です。そろそろ見納めになりそうなので行ってきました。この日はぱっとせず、ハイチュウもシーズンの終わりを感じさせる寂しさでした。

1103081110308211030831103084

|

2011年3月 6日 (日)

マキバタヒバリ

Meadow Pipitで画像検索するとやたら有刺鉄線と杭どまりが出てきて、ヨーロッパでは“牧場”に普通にいる雰囲気がわかります。最初にここに来たときは耕やされた田んぼをタヒバリと一緒に走りまわっていて、よくこれでマキバタヒバリと解ったなと感心したものです。
ロープどまりは絵にならないというカメラマンがいましたが、個人的には“らしさ”がよく出ていていいと思います。2枚目の“耳カイ~の”は私の趣味です。(最後はムネアカ)

1103061110306211030631103064


|

2011年3月 5日 (土)

ムクドリ

一瞬ギンムク? シャッターを押しながら“タダムクか~”。でもこんなきれいなムクドリ見たことないし、ギンムクの交配種の可能性もありそう。
肩書きはすごいけど、いまいちありがたみの解らない超珍鳥よりドキドキしました。ジュリン、タヒバリに続いてムクドリ集団も要チェックです。

11030511103052

1103053_2


|

2011年3月 4日 (金)

ハギマシコ

おそらく今季最後になりそうなハギマシコ。雪と苔と一応アイテムはあるんですが、残念な写真になってしまいました。リベンジしたいけど、こんど関西に来てくれるのは何年後でしょうか。その時まだ野鳥撮影をしてるとは思えないけど…。

1103041110304211030431103044

|

2011年3月 3日 (木)

コジュリン/シベリアジュリン

初認から1ヵ月のジュリン達です。シベリアジュリンは一人で探しているときはなかなか出てくれなかったのに、ギャラリーが増えるにしたがってサービスが良くなってるようです。コジュリンはやっぱり2羽いました。初めてツーショットが撮れました。しかしサービスが悪くリピーター続出です。

110302111022821102281102284

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »