2019年9月19日 (木)

塒立ちのハチクマ

裏山のハチクマなどです。
鷹の渡りはこのところ中休みといったところ。この数日は鷹は単独が数回のみでシャッターチャンスは殆どありませんでした。鷹は連休の雨の後に一気にきそうな感じです。

早朝の塒立ちは近くで撮れることがあるので期待します。1羽のハチクマが羽ばたきながら低空を渡って行きました。素嚢が膨らんでいるので、近くで餌をとっていたのでしょう。

1909204
1909205
1909206

サシバ3羽とツミ1の小さな鷹柱。(サシバ1は画面に入っていません)

1909193

サシバ

1909202

ノスリ

1909191

|

2019年9月16日 (月)

始まった鷹の渡り

地元の山の渡りの鷹です。
地元の山は鷹の渡りのメインルートのひとつにになっています。といってもルートは日によって南北に振れます。いつも見ている場所は市街に一番近い南端なのでまったく見られないことも多いのです。
この週末はやや大きな渡りがありました。近くて撮れることのあるねぐら立ちはありませんでしたが、何度か近いものもありました。

ハチクマとノスリが上昇気流に乗って帆翔。交差するたびにぶつかりそうに。ハチクマの方が大きいのですが、ノスリが蹴りを入れる場面も。

1909158

ハチクマとノスリ

1909157
1909156

サシバの成鳥と幼鳥。成鳥は夏場には換羽でみんなボロボロでしたが、今は殆どきれいに羽根が揃っていますね。

1909151
1909152
1909154
1909153

|

2019年9月14日 (土)

ハチクマ幼鳥

北部の山のハチクマ幼鳥です。
北部のクマタカの山に鷹の渡り観察を兼ねて行ってきました。春先に何度か訪れてから久しぶりの林道は、殆ど人が来ないので荒れ放題。ノーマルの車では落石をどかしながらヒヤヒヤの登りでした。
春にクマタカ成鳥が何度か止まった場所に、白い猛禽を発見。てっきりクマタカ幼鳥と思って撮っていましたが、後で見るとハチクマの幼鳥でした。ちょっとがっかり。4羽のハチクマを見ましたがこの幼鳥は渡りませんでした。クマタカ繁殖地はハチクマ繁殖地に変わっていたのかな?

高い稜線近くでしたが、ひときわ白く目立つのですぐに見つかりました。

1909137

飛び出して旋回の後また近くに降りました。

1909132
1909133
1909131

こちらは別のハチクマ。背打ちですが天気が良すぎてテカテカに。

1909136

早くもノスリ

190913101

アオゲラ、オオアカゲラ

1909138
1909139

 

|

2019年9月12日 (木)

オグロシギ

地元の田んぼのオグロシギです。
鷹がまだ飛びそうにないので田んぼを見てきました。

オグロシギが休耕田に入っていました。

1909121
1909122

カワラヒワとセッカ。もうすぐノビタキも来ますね。

1909123
1909126

東の田んぼにはコチドリだけと思ったらトウネンが2羽

1909124

タシギ

1909125

|

2019年9月 8日 (日)

ハチクマ/エゾビタキ

北摂の山のハチクマなどです。
昨日と今日は台風の影響で山は強風でした。なので鷹が渡りそうにないので山の小鳥を見てきました。

久しぶりのサンコウチョウの声で探しているとバサバサと大型の鳥が林の奥にとまりました。双眼鏡で見るとまさかのハチクマ。しかし木々の向こうで1部しか見えない。抜けている場所を探しているうちに飛ばれてしまいました。とりあえずピントが合うまでその場所で1枚でも押さえておけば良かった。

1909083

カラスが騒いでいる方に探しに行きましたが見つかりません。諦めてエゾビタキを撮っていると背後をハチクマが東に向かって飛んで行きました。渡りではないようです。3週間前にここにいたハチクマファミリーのうちの1羽かもしれません。

1909081

今季初のエゾビタキ。今季もサメビタキ3兄弟が揃ってほしい。

1909082

こちらはコサメビタキ

1909087

大きな虫を捕まえたサンショウクイ

1909089

アオゲラ

1909085

タカノツメの実が食べごろになってきています。早めに熟した木で待ちましたが来たのはソウシチョウだけでした。

1909084

この赤い実はヒヨとメジロしか食べません

1908151

北部の山のオオルリ雄若とキビタキ雌タイプ

1909086
1909088

|

«田んぼのタシギなど