2017年3月29日 (水)

焼け跡のハチジョウツグミ

河川敷のハチジョウツグミです。
葦原焼きから1か月。少しづつ緑が戻り野鳥の姿も見られるようになりました。たくさんいるツグミの中に今年もハチジョウツグミが混じっていました。広大なフィールドの中から1羽づつ確認していくのは大変です。地道に観察されているバーダーさんがいてくれるおかげで今年も撮れました。

170328117032821703283170328617032841703285

昨年まで堤防はセイヨウカラシナの黄色一色でしたが、今季は何故かぱらぱら。早ければ来週にはノビタキがここに来るはずですが…。

1703287

|

2017年3月26日 (日)

ノスリ/チョウゲンボウ

河川敷のノスリとチョウゲンボウです。
春の鷹の渡りはもう始まっています。ここで越冬したノスリ達ともそろそろお別れです。すでに繁殖モードなのか2羽で寄り添う姿が見れました。

170326117032621703263

こちらはちょっと無理がありますがツーショットのチョウゲンボウ。

170326417032651703266

|

2017年3月23日 (木)

ソウシチョウ/アカゲラ

裏山のソウシチョウなどです。
昨年リュウキュウサンショウクイを見つけた近所の林道を歩いてきました。今季も近くの山で記録されているので期待しましたが、それらしい声を一度聞いただけでした。
ここで一番多い鳥はソウシチョウです。ソウシチョウは一時見ない年もありましたが、この3年は増加する一方です。地元でソウシチョウは冬鳥で、鹿の食害のおよばない市街地近くの山に多く見られます。夏でも涼しい市内北部の山は食害で下生えがなく繁殖に適した場所が少ないせいでソウシチョウはほとんど見られません。僅かに残った健全な森にはほとんど進出してるのが憎らしい。

170323117032321703233

他にアカゲラ、ルリビタキ、アオジ

17032341703235170323617032371703238

|

2017年3月21日 (火)

キバシリと連敗中の鳥

北部の山のキバシリなどです。
鳥の楽園を求めて初めての林道を歩いてきました。しかし昼前だったこともあって鳥がまったくいません。1時間ほど歩いてやっとヤマガラ、シジュウカラ、コゲラの普通種5羽ほどの小さな混群に遭遇。いつもなら無視するようなメンツですが、やっと出会えた鳥なので双眼鏡で追っていると1羽が下に降りてきました。なんとそれはキバシリでした。ここは標高も低く周辺で今までに見たことがなかったので嬉しい驚きでした。
北海道や沖縄など他所に行けばいくらでもいる鳥でも、地元では滅多に出会えない鳥を見つけるのがバードウォッチングの一つの醍醐味なように、普段いない場所で見つけると嬉しいものです。しかしこの場所は2時間歩いてこれだけだったので、もう二度と行くことはないでしょう。

170322117032221703223

朝一番に行った山のヤマドリ。現在50連敗中ぐらいです。情報で撮りにいくと簡単に撮れるヤマドリですが、山でばったり会うとまったく撮れません。足元から飛び出すヤマシギとともにいつかしっかりと撮りたい。

1703224_21703225_2

今季はルリビタキがどこでもいてくれるので助かります。

1703226

|

2017年3月19日 (日)

今日のコミミズクとツバメ

河川敷のコミミズクです。
最近は日中にほとんど飛ばないコミミズク。昨日も飛んだのは日没後の暗くなってからなので、今日は早朝から見に行ってきました。
狙い通りに近くにとまっているのを見つけましたがすぐに草むらに。諦めて帰った後でよく飛んだと聞いてがっかり。北帰する前にもう一度飛び物を撮りたい。
夕方も見に行きましたが見えてはいるけど飛んでくれませんでした。

170321217032131703215

土手の周りをツバメが飛び回っていました。個人的には今季の初認ですが、4・5日前からいるそうです。

1703211

|

«コガラが多い林道