2017年12月16日 (土)

お山のベニマシコとウソ

北摂の山のベニマシコです。
今季は河川敷より山でベニマシコに出会うことの方が多い。寒波襲来で今季初の雪が積もった山にベニマシコを撮りに行ってきました。積雪は多いところでも3センチほどでうまく雪に絡んでくれることはありませんでした。

1712151_21712152_2171215317121541712155

こちらはおまけのウソ。珍しく目線で撮れました。

1712156

|

2017年12月13日 (水)

河川敷の猛禽

河川敷のチョウゲンボウなどです。
今季はまだコミミズクを見ていません。台風による水没と第二名神の工事で環境は大きく変わっています。それでも昨年までの記憶で戻ってくる個体もいるのではと期待して、時々見に行っています。

このところの河川敷の猛禽はバリエーションに乏しく面白みがありません。愛想が良いのはこのチョウゲンボウだけ。

171213117121321712133

ノスリをあまり見ません。餌になるネズミが回復していないのかもしれません。

171213417121351712136

あとはミサゴぐらいと寂しい。

17121371712138

|

2017年12月10日 (日)

近場でイスカ

北部の山のイスカです。
早朝の展望台の横の木にマヒワが20羽ほど。落葉した木の実のない裸の木で朝陽を浴びてのんびりとしていました。数枚撮ったあとで反対側に目をやると、やや大型の赤っぽい10羽ほどの群れがありました。今季多いアトリと思いましたが一応撮っておくことに。

一番近い鳥は木に挟まれて撮りにくい…… 朝陽で赤く見える?

1712101

横の個体はなんだか色が悪い……

1712102

嘴が見えて「イスカ!」と思った瞬間、前記事のツミが襲来して終了でした。今季はイスカを探して近隣の山をあちこち行っていますが、ここは完全にノーマークで気づくのが遅れました。

1712104

その後、見に行きましたが帰ってきませんでした。ここは餌場ではないので立ち寄りだったのでしょう。北摂の山のどこかにいると思いますが、今回は10羽ほどの小さな群れだったので、今後もっと増えてくれないと広い山で出会うのは難しいかもしれません。

マヒワとイスカは木に付いた霜を食べていたようです。

17121051712103_21712107

|

2017年12月 7日 (木)

罪作りなツミ

北部の山のツミです。
今朝の山はぐっと冷えて−5度。小鳥たちの飛び出しは遅く8時前になってやっとマヒワの群れが飛び出しました。小高い山を登って朝日があたる木を見上げるとそこにマヒワの群れと今季探している鳥が数羽。見つけたと思った瞬間、猛禽が襲来して小鳥たちは散り散りに。
なんともタイミングが悪い猛禽! 狩りに失敗して少しだけ木に止まっていた猛禽は虹彩の赤いツミの雄成鳥でした。美しい個体で本当なら嬉しい出会いですが今日はちょっと憎たらしい。しかしこちらではツミの雄成鳥を近くで撮ることのほうが難しいので納得するしかありません。

1712071

どこから見ても被っていて良いポジションが見つからない。ウロウロしすぎて気がついたら飛んでいました。

17120721712073_2

命拾いした小鳥。今季またどこかで会いたい。

1712074


|

2017年12月 5日 (火)

コガラ/カヤクグリ

北部の山のコガラなどです。
北摂の山(大阪府北部)で今季はなぜかコガラを見ない。昨年は繁殖期から探鳥ポイントの数カ所で、秋季にはほとんどの場所で見られていたのに…。単に巡り合わせが悪いだけかもしれません。
地元から少し越境した北部の山では通年普通に見られます。この日はコガラだけの群れも見れました。キクイタダキも一緒にいることが多く、気がつけばコガラはまともに撮れてなかった。

17120412

1ヶ月前にサメビタキが定位置にしていた枝にヒガラ。

171204131712043

意外な場所でカヤクグリに遭遇。今季は縁があるようです。

1712045171204917120471712049217120499

|

«今年は多いキクイタダキ