2017年5月26日 (金)

春のサメビタキ

北部の山のサメビタキです。
サメビタキ三兄弟で一番出会いが少ないのはサメビタキです。この2年ほど秋の渡りでは北摂の山で多数見つけことができましたが春は一度も見たことがありませんでした。春は一気に繁殖地に向かうからでしょうか。
北部の山で2羽のサメビタキを見つけました。渡り途中の旅の友なのか、すでにペアになっているのかずっと近くにいて一緒に行動していました。サメビタキの繁殖地は本州中部以北の亜高山帯針葉樹林なので渡りの途中だと思うのですが、近くの山で繁殖期に見られたこともあるので意外に近畿でも繁殖しているのではと期待します。

ムムッ。左下に毛虫が。

170526417052651705266170526117052621705263

|

2017年5月24日 (水)

カラーバリエーション豊富なハチクマ

先週のハチクマです。
ハチクマは大好きな猛禽です。野鳥好きとしては野鳥が主食の猛禽はどうも好きになれない。小鳥も食べるそうですが主食が蜂の巣、ヘビやカエルなのがいい。それに何といって1羽ずつ個体識別できそうなほどの模様の豊富さです。今回は雌が多かったそうですが尾羽根の模様で雄雌わかりやすいのもいいです。

暗色タイプ

17052211_217052212_217052213_2

中間〜淡色タイプ

1705222117052222170522231705222417052225

今回は頭上に多い時で20+の鷹柱ができました。広角を用意してなかったのでほんの一部しか写せませんでした。

17052231_2

|

2017年5月21日 (日)

棚田のサシバ

北部の田んぼのサシバです。
山の探鳥地に向かう途中にある棚田。いかにもサシバがいそうな場所なのでいつも少しだけ車を止めて探します。狙い通り昨年見つけることができましたが、気付いた時には遥か遠くの森の中に入ってまともに撮れませんでした。

今季もやっと棚田に水が入りカエルの声も聞こえていました。

1705210_2

電線にとまるキジバトを見ていて視線の向こうにいるサシバを発見。やはり今年も来ていました。

1705211

降りた場所に向かうと、 田んぼの脇で捕まえた獲物を電柱の上で食べていました。

1705212170521317052141705215

Nさんの撮った写真を見ると獲物はカエルでした。

1705216

|

2017年5月19日 (金)

湖面を渡るハチクマ

今年も春のハチクマの渡りを見に行ってきました。
このところ鷹の渡り観察はハズレ続きでした。今回も上流の広島のカウントを見るとすでに2回のピークの後で残り物しかない感じになっていました。前日の数もたいしたことはなく望み薄でした。
しかしどこに溜まっていたのか小規模ながらいくつも鷹柱があがり、1日で200羽以上が渡ってくれました。特に昼過ぎの1時間は次々に湖面から沸き上がったハチクマが鷹柱をつくって至福の時間でした。

湖面を渡るハチクマ。
トビが多く飛ぶので背中だけでハチクマを見分けるのは難しい。早めに見つけないとあっという間に湧き上がって背打ちは撮れません。

170519117051921705193170519417051951705196

山が背景になるとピントを山に取られて歩留まりが一気に落ちます。

170519811705198217051983

|

2017年5月17日 (水)

渓谷のカワガラス

地元の渓谷のカワガラスです。
サンコウチョウなどの夏鳥が入って少しだけ賑わってきた渓谷ですが、鳥が見られる場所まではひたすら長い林道を歩かねばなりません。その間いつも撮り損ねてばかりいるのがカワガラスです。このところ成鳥と幼鳥をよく見ます。警戒心が強くすぐに飛去ってしまうカワガラスも、昼寝したり伸びをしたりとリラックスすることがあります。

170517117051721705173

幼鳥も伸びのポーズ

170517417051751705176

|

«カッコー/ゴジュウカラ