2017年2月25日 (土)

コジュケイ/マヒワ

北摂の山のコジュケイとマヒワです。
コジュケイは北摂北部の標高の高い山のあちこちでも見られます。大抵はヤマドリ同様に警戒心が強くあっと言う間に逃げてしまいますが、今朝はゆっくり撮ることができました。

170225117022521702253

新規開拓で初めて行った山はヤシャブシの木が多く、マヒワ100羽程が分散して採餌していました。

170225517022541702256

|

2017年2月23日 (木)

カワガラス/イカル

地元の渓流のカワガラスです。
前回巣材を運んでいる姿が見られたカワガラス。その後の進捗状況を確認に行ってきました。
3時間ほど飛んでくるのを待ちましたが僅かに姿が見れただけ。餌は運んでいなかったので、順調に子育てしているとしてもまだ抱卵中でしょう。

17022311702232170223317022341702235

心配なのは昨年営巣した場所にイタチがうろついていること。

1702236

雪の中のイカル。ここでは年中イカルが見られます。

1702237

|

2017年2月21日 (火)

出会いが少なくなったコミミズク

土日のコミミズクです。
今季は初認からずっとあちこちで飛びまわっていたコミミズク。ちょっと食傷気味でしたが、このところ一気に終焉を思わせるような日々が続いています。例年なら後2か月は楽しませてくれるはずなのに、餌が枯渇したのか多くが新天地を求めて旅立ったようです。老舗のフィールドにはまだ3羽が残っていますが、飛び出さない日が多くコミミズクが見られる機会がぐっと減っています。

この土日は、久しぶりに出会えてちょっと感激。

170223117022321702233170223417022351702236

|

2017年2月19日 (日)

裏山のカヤクグリ

裏山のカヤクグリです。
毎冬地元で越冬しているカヤクグリを見てきました。このところ暖かかったのでカヤクグリが食べる道端の草の実は露出していると思ったのですが、昨夜の雪でまた積もって登山道には出て来れない感じでした。こんな時は森林の奥に入ってしまうので見つけられません。諦めた帰り道で1羽が藪から飛び出し、少しだけポーズしてくれました。
今日は1羽しか確認できませんでしたが、とりあえず今年も越冬地として定着していて良かった。

17021911170219217021931702194

カワガラスは2羽確認。ここの個体は子育てしないのかな。

1702195

|

2017年2月17日 (金)

裏山のクロジとトラツグミ

裏山のクロジとトラツグミです。
昨年近所で見つけたクロジのポイント。ここでは今シーズン何度も遭遇しているものの、撮影条件が悪くまともに撮れていません。警戒心が強くハイカーが来ると山の奥へ行ってしまうので、まだ誰も来ていない早朝に行きます。照葉樹林の登山道は薄暗くISO5000にしてもSS50以下。
シーズン初めには10羽ほどの群れを見ましたが、最近は雄成鳥、雄若と雌の3羽に減っています。春までに雄も撮らせて欲しい。

170217117021721702173

近畿北部のクロジ繁殖地には必ず進出している困ったソウシチョウ。同じような環境を好むのでここにも多数います。

1702178

今季は多いトラツグミ。ここでも2個体確認しました。

170217417021751702176

昨年ここではシメが集団で塒をとっていました。今季は少なく単独でたまに見られるだけです。

1702177

|

«シメなど山の公園の野鳥