2017年1月18日 (水)

子育て準備のカワガラス

地元の渓流のカワガラスです。
2年連続で幼鳥が見れた地元のカワガラス。今季はどうかと見てきました。

ペアのカワガラスが巣材の苔を運んでいました。今季もどうやら営巣を始めたようです。この2年は見やすい場所での営巣でしたが、観察できない死角が多い川なので今季の営巣地がどこなのか気になります。

1701181117011821701183

3時間待って数回しか現れず。今季は違う場所かもしれません。

1701184

市内でも少し北部に行くだけで雪国です。しかし雪に絡んでくれたのは一瞬だけ。

1701186

|

2017年1月16日 (月)

土手を舞うコミミズク

中流のコミミズクです。
地元の河川敷3か所で見られているコミミズク。最近は最下流が人気ですが中流の2羽のコミミズクもいい感じです。アクセスが悪くギャラリーは僅かで、独り占めのこともよくあります。

ここのコミミズクの狩場は土手の斜面。他の2か所と違い、緑の草の上を飛びます。

1701171117011721701173

誰もいない土手を自転車で走っていると、ポツリと止まっているコミミをよく見ます。数年前までなら感激していたところですが、今は横目で見ながら走りすぎることも。何年か先には新人のカメラマンに、昔は良かったって言う日が来るかもしれないですね。

17011741701175170117617011771701178

|

2017年1月14日 (土)

雪のトラツグミ

北摂の山のトラツグミなどです。
この週末は寒波襲来で雪予報。雪がらみで撮りたいといつものお山に行ってきました。しかし雪は少なくうっすら積もる程度。風だけは強く、鳥の出は良くありませんでした。

2年前と同じ柿の木に来たトラツグミ。人のいない場所なので警戒心が強く隙間から撮るのが精一杯。

1701141_21701142_2

他に雪に絡んでくれたのはアトリ、ホオジロ、ミヤマホオジロぐらい。

17011431701144_31701145_4

他の2か所のトラツグミは愛想が良く撮り放題。今季のトラツグミはそこらじゅうにいた豊作年ほどではないけれど多いと思います。

17011491701147

 

|

2017年1月11日 (水)

ホシムクドリ/ビロードキンクロ

遠征先のホシムクドリです。
数年前、地元でも多数見られたホシムクドリ。オオバンのようにいつの間にか数を増やしていくのかなと思っていましたが、この2年ほどはあまり見られていません。
遠征先の農耕地で木にとまる黒い鳥の塊を見つけました。その色味からすぐにホシムクドリとわかりました。後から数えると80羽ほどの集団で、その中に3羽のムクドリが含まれていました。ムクドリの中にホシムクドリが数羽混じるパターンは見てきましたが、これほどの群れは初めて見ました。

170111111701111170111217011131701115

今回は遠かったビロードキンクロ。

1701116

|

2017年1月 9日 (月)

雨上がりのコミミズク

下流側の河川敷のコミミズクです。
昨日は雨で餌が摂れなかったからか、今日は午前中から飛ぶ姿が見れました。しかし本番は午後3時から。
今季は広範囲にコミミズクが見られるおかげで、いろんなバリエーションで撮れて飽きません。

白いこの個体はチョウゲンボウのように長時間ホバリングしていました。

1701091

ここは目線で撮れるのがいいのですが、広範囲に飛ぶのでカメラマンは大忙し。

170109217010931701095170109617010942_2

とまりもの

1701097_217010991701098

|

«コミミズクびより